ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

ただいま、準備に奮闘中!!「第3回熊取ふれあい農業祭(12月7日(日))」の開催に向けて・・・

~野菜の祭典 愛情いっぱい熊取心(ここ)菜(な)~

                                                       (平成26年10月24日掲載)

 みなさん、こんにちは。住民部長の貝口です。今回は、来る12月7日(日曜日)に中央小学校で開催予定の「熊取ふれあい農業祭」の準備のようすと、イベントのあらましについてご紹介します。

 この農業祭は、今年で第3回目を迎えます。昨年は、同時開催の商工会主催の「わいわいフェアー」と合わせて約7,500人の来場者があるなど、熊取町の冬季のビッグ・イベントとして大きく育ってきています。

 さて、今年のイベントの柱の一つである「野菜市」では、ふきや大根など冬の熊取産の野菜でにぎわうほか、「大阪調理師会」の全面協力を得まして、有名な料亭やホテルなどの料理人による熊取産野菜の料理の試食や、飾り切りの展示が予定されており、とても、わくわくします!

 ほかにも、大坂の陣PR武将隊である5人の若手メンバーによる「大坂RONIN5」が、会場を盛り上げてくれます。さらに、吉本興業所属の若手芸人のトークショー、子牛とのふれあいコーナー、親子での農地見学・収穫体験バスツアーなどたくさんのイベントが目白押しです。一日、たっぷりと遊べますよ!!それに、商工会の「わいわいフェアー(第28回)」の模擬店や特産物販売などからも、目がはなせませんね。

■熊取産の野菜がいっぱい!!恒例の「野菜市」などでにぎわいます・・・

 当日は、地元野菜がお手頃価格でお店に並びますよ。さらに、この地元野菜を使った「里芋コロッケ」やおでんの販売、伝統の「熊取雑煮」の無料配布などがあるので、今からとても楽しみです。

昨年(12月1日)の野菜市のようす

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年(12月1日)の野菜市のようす

■有名料亭・ホテル等の一流料理人が熊取町に集結!

 このブースでは、著名な料理人による熊取産野菜の料理の試食をはじめ、飾り切りの展示・体験のほか、熊取産野菜の魅力・効能のPRが予定されています。ぜひ、たくさんの人に味わってもらいたいですね。

熊取産野菜を使った料理の試食や展示でにぎわいました(昨年のようす)

 

 

 

 

 

 

 

 

熊取産野菜を使った料理の試食や展示でにぎわいました(昨年のようす)

■「大坂RONIN5(大坂の陣400年天下一祭)」によるオープニングステージも魅力的ですよ・・・

 そもそも、「大坂RONIN5」は、真田幸村や後藤又兵衛など豊臣軍の主力として奮戦した5人の心熱き浪人たちが現世に転生した姿に扮しています。

 今回、この大坂の陣PR武将隊に熊取町へ来てもらうことになったきっかけは、秀吉の大阪築城に際し、現場付近の築城資材の置き場で、本町五門の「中家」ゆかりの人物が「そば屋」を営み(「砂場そば」と呼ばれていたようです。)、繁盛していたと文献に残っており、こうした本町とのかかわりが受け止められたことによります。(参考:「くまとりドキドキ博物館実行委員会」制作・編集文献より)会場での、活気あふれるパフォーマンスを期待しています。

 農業祭の当日が、暖かくて快晴になることを心から祈りたいですね。

大坂の陣PR武将隊「大坂RONIN5」のみなさん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大坂の陣PR武将隊「大坂RONIN5」のみなさん

過去の記事はこちら

貝口 良夫

生年:昭和35年(西暦1960年)生

現職:平成26年4月から

これまでの主な職歴:総務部理事

ジャンプ君イラスト