ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

【重要】台風21号により発生したごみの処理について

 台風21号により発生した瓦、トタン等の災害ごみにつきましては、町が無料で順次回収させていただきますので、自宅前に通行の支障とならないように出しておいてください。

 また、自治会で災害ごみの排出場所をお決めになっている場合等は、その場所にお出しください。

 なお、被害は町全域に及んでおり、収集に伺うまでしばらくお待ちいただくことになりますのでご了承ください。

 ご不明な点がございましたら下記までご連絡ください。

※【重要!】

 町が無料で回収するごみは台風21号により発生した瓦、トタン、倒木などの災害ごみに限定しております。

 通常の粗大ごみなどを便乗して排出されている箇所が散見され、収集作業の妨げとなっております。町域全体の収集作業の遅れにつながりますので、台風21号に関連のない粗大ごみなどは排出されませんようお願いします。

 また、収集するまでの間、相当の日数を要する見込みとなっております。雨や風などの対策を各自でしていただきますよう併せてお願いいたします。

 なお、倒木やカーポートの屋根、物置などの大きな災害ごみについては、収集車へ手作業で積み込みできますよう、できる限り1辺1メートル以内になるまで分解・切断のうえ、お出しください。

                        記

        環境課環境保全グループ  072ー452-6098

        環境課環境企画グループ  072-452-6097

不要となった瓦、レンガ、コンクリートブロックについて

 台風により一部損壊した住家等の修繕工事や解体工事を業者に依頼され、工事に伴い不要となった瓦、レンガ、コンクリートブロックなどは、廃棄物処理法の規定により施工業者(元請業者)が処理すべき産業廃棄物となるため、一般廃棄物として熊取町で引き取ることが出来ません。

 そのため、業者に工事を依頼される際には、工事に伴い不要となった廃棄物の処理は業者が責任を持って処理すべきものであることを理解されているか、業者に対して事前にご確認いただくようお願いいたします。

 なお、台風により落ちて割れた瓦くず、屋根上で損壊した瓦を被災者・ボランティア等が下ろした瓦くず、及び倒壊したブロック塀等は災害ごみとして熊取町が無料で回収・処理しております。

ボランティアによる災害ごみ収集協力について

 9/8(土)、9/9(日)の2日間の災害ごみ収集については、熊取造園事業協同組合及び若手熊取町議会議員有志によるボランティア団体の協力を得て収集作業を実施しました。

災害ごみ収集ボランティア

ジャンプ君イラスト