ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

【後期高齢者医療制度】外来診療における高額療養費の取り扱いについて

 高額な薬剤費等がかかる被保険者の負担を軽減するため、従来の入院診療に加え、外来診療についても、同一医療機関での同一月の窓口負担が自己負担限度額を超える場合は、高額療養費を事後に申請して受給する手続きに代えて窓口での支払いを自己負担限度額までにとどめる取り扱いができるようになります。

課税世帯

 被保険者証を医療機関窓口に提示するだけで外来(個人単位)における自己負担限度額までの負担となります。

 

 負担区分

負担割合

自己負担限度額
(外来・個人単位)

現役並み所得者

3割

57,600円

 一般

1割

14,000円

 

 

非課税世帯

 被保険者証と「限度額適用・標準負担額減額認定証」を一緒に医療機関窓口に提示する必要があります。

 

 負担区分

負担割合

自己負担限度額
(外来・個人単位)

 低所得I・II

 1割

8,000円

 

 

【限度額適用・標準負担額減額認定証の交付申請に必要なもの】

 被保険者証、印鑑、低所得I(老齢福祉年金受給者)の適用を受ける場合は、老齢福祉年金証書
 ただし、転院や複数の医療機関を受診した場合で、自己負担限度額を超えてお支払いいただいた場合は、従来どおり、高額療養費として払い戻しされます。

【注意事項】

既に「限度額適用・標準負担額減額認定証」をお持ちの方は、現行のものをそのまま使用できます。
・入院時や世帯合算による高額療養費の取り扱いについては、従来どおりです。
・課税世帯、非課税世帯の判定は、月の初日の世帯構成により判定されます。
・「限度額適用・標準負担額減額認定証」は、申請された月の初日または、後期高齢者医療制度の適用を受けた日からの適用となります。月を遡って適用されませんのでご注意ください。

お問い合わせ先

保険年金課(後期高齢・福祉医療グループ[後期高齢])

電話:072-452-6195
ファックス:072-452-7103
〒590-0495
大阪府泉南郡熊取町野田1丁目1番1号(役場本館1階)
hoken-nenkin@town.kumatori.lg.jp

  • ホームページ閲覧支援
文字サイズ変更
文字サイズを小にする
文字サイズを中にする
文字サイズを大にする
背景色変更
背景色を標準にする
背景色を黒にする
ジャンプ君イラスト