ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

体にやさしいがん治療・ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)

原子炉(チェレンコフ光)

ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)について

 熊取町に立地する京都大学原子炉実験所では、昭和49年から研究用原子炉を用いて、革新的がん治療法、ホウ素中性子捕捉療法(以下、BNCT)の研究が進められており、世界有数の臨床研究の実績を有しています。

 BNCTは、がん細胞に特異的に取り込まれたホウ素(B:Boron)が中性子(N:Neutron)を捕捉(C:Capture)することにより引き起こされる核分裂反応を利用し、がん細胞を破壊する治療法(T:Therapy)です。中性子という放射線を使いますが、従来の放射線治療とは異なる特徴があるため、放射線治療、化学療法そして外科療法とは別の、新たな治療法として期待されています。

 熊取町としては、世界をリードする研究を行っている実験所の存在そのものが本町の財産であり、その活動を応援することが本町のブランド力を高め、地域の活性化につながるものと考えています。これは、他の自治体にはない本町の特性であり、まちの発展のため積極的にまちづくりや施策展開に活用してまいります。

熊取アトムサイエンスパーク構想とは

 京都大学原子炉実験所において蓄積されてきた原子力の学際的研究分野(医療・健康分野、物質科学分野、安全・防災分野)についての研究成果を地域社会や産業に還元する仕組みを構築し、あわせて原子力の平和的利用と国民の理解の促進に役立てることを目的とした構想です。

 関西国際空港の地元である大阪・熊取町に、産学官連携により、医療、産業、防災など国民生活に貢献する原子力科学の研究・教育・情報の拠点形成をめざしています。

 この熊取アトムサイエンスパーク構想実現に向けた当面の重点テーマとして、中性子によるがん治療「ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)」の早期実用化に向けて取り組んでいます。

 

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

お問い合わせ先

政策企画課(政策推進グループ)

電話:072-452-9016
ファックス:072-452-7103
〒590-0495
大阪府泉南郡熊取町野田1丁目1番1号(役場本館2階)
seisaku-kikaku@town.kumatori.lg.jp

ジャンプ君イラスト