ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

軽自動車税

軽自動車税は、4月1日現在、主たる定置場を熊取町内に定めている原動機付自転車、小型特殊自動車、軽自動車、軽二輪・小型二輪車を所有(登録)されている方にその年度の税金が課税されます。

 

年度途中で廃車や名義変更をされても月割による税金の還付はありませんのでご注意ください。


税率(年税額)

地方税法一部改正に伴い、軽自動車税の税率が変わります。原動機付自転車、二輪の軽自動車と小型自動車、小型特殊自動車については、平成28年度から税率を表のように引き上げます。

 

車種区分

税率(年税額)
平成27年度まで 平成28年度から
原付一種
(排気量50cc以下)
1,000円 2,000円
原付二種乙
(排気量50cc超90cc以下)
1,200円 2,000円
原付二種甲
(排気量90cc超125cc以下)
1,600円 2,400円
ミニカー(3輪以上の原動機付自転車)
(排気量20cc超50cc以下)
2,500円 3,700円
軽二輪(側車付を含む)
(排気量125cc超250cc以下)
2,400円 3,600円
小型二輪自動車
(排気量250cc超)
4,000円 6,000円
小型特殊自動車(農耕作業用、トラクターなど) 1,600円 2,400円
小型特殊自動車(その他のもの、フォークリフトなど) 4,700円 5,900円

 

 

3輪以上の軽自動車は、平成27年4月1日以後に新規登録された車両より新税率が適用されます。

(1)平成27年3月31日までに新車登録した車両(初めてナンバープレートの指定を受けた車両)は、登録後13年まで現行税率のままです。

 

(2)初めてナンバープレートの指定を受けた月から13年を経過した車両は、平成28年度から下記表の経年重課の税率が適用されます。ただし、電気軽自動車、天然ガス軽自動車、メタノール軽自動車、混合メタノール軽自動車及びガソリンを内燃機関の燃料として用いる電力併用軽自動車 並びに被けん引車は重課の対象から除きます。

 

軽自動車

車種区分

税率(年税率)
平成27年3月31日
までの登録車両
平成27年4月1日以後
の新規登録車両
登録後13年超
(経年重課)
軽三輪(660cc以下) 3,100円 3,900円 4,600円
軽四輪乗用・自家用車(660cc以下) 7,200円 10,800円 12,900円
軽四輪乗用・営業用(660cc以下) 5,500円 6,900円 8,200円
軽四輪貨物・自家用車(660cc以下) 4,000円 5,000円 6,000円
軽四輪貨物・営業用(660cc以下) 3,000円 3,800円 4,500円

 

(3)平成27年度(平成27年4月1日から平成28年3月31日まで)に新車新規登録をした一定の性能を有する軽四輪等(三輪以上の軽自動車)について、平成28年度に限ってその燃費性能に応じたグリーン化特例(軽課)を導入し、軽自動車税を軽減します。

 

区分 標準税率による年税額
(平成27年4月1日以降に新車新規登録された車)
グリーン化特例(軽課税率)による年税額(平成28年度のみ)
25%軽減 50%軽減 75%軽減
軽自動車 三輪(660cc以下) 3,900円 3,000円 2,000円 1,000円
四輪
(660cc以下)
乗用 営業用 6,900円 5,200円 3,500円 1,800円
自家用 10,800円 8,100円 5,400円 2,700円
貨物用 営業用 3,800円 2,900円 1,900円 1,000円
自家用 5,000円 3,800円 2,500円 1,300円

 

対象及び軽課割合

<軽乗用車> <軽貨物車>
対象車 内容 対象車 内容
電気自動車等 税率を概ね75%軽減 電気自動車等 税率を概ね75%軽減
H32年度燃費基準+20%達成者 税率を概ね50%軽減 H27年度燃費基準+35%達成車 税率を概ね50%軽減
H32年度燃費基準達成車 税率を概ね25%軽減 H27年度燃費基準+15%達成車 税率を概ね25%軽減


※ 納期限は5月末日となります。
 (末日が土・日曜日の場合は、翌月曜日が納期限となります。)

 

軽自動車税の申告

 

 原動機付自転車や軽自動車などを取得した場合は15日以内に申告が必要となります。

 また、廃車や譲渡した時は30日以内に申告が必要となります。

 なお、車両の種類により次のように手続き場所が異なりますのでご注意ください。

 
使わなくなった原動機付自転車などは廃車手続きを!
 

 使わなくなった原動機付自転車などを手続きしないまま放置していたり、スクラップにしていませんか?
 

 軽自動車税は4月1日に所有者であれば、4月2日以降に譲渡または廃車をしてもその年度分の納税義務を負うことになりますので、手続きがまだの方は3月末日までに手続きを済ませてください。

 つぎの場合も手続きが必要です。

 

   ・ 車両を譲渡している場合や盗難・スクラップ等により車両が無い場合

      ※ 盗難の場合、警察への盗難届だけでは課税はとまりません。

       必ず廃車の手続きをしてください。

   ・ 住所変更などで車両の定置場所が変わった場合

 

熊取町役場での手続き  


(車種)原動機付自転車(125cc以下)、小型特殊自動車、ミニカー

(手続場所)熊取町役場 総務部税務課 住民税グループ

(手続きに必要なもの)

  ・ 廃車の場合 標識交付証明書または申告済証、印鑑、ナンバープレート

(注)盗難などによりナンバープレート、標識交付証明書または申告済証が無い場合は印鑑と警察から交付された受理票をお持ちください。
※盗難の場合・・・盗難届受理票
※紛失の場合・・・紛失届(または、遺失物届)受理票

 

  ・ 名義変更(譲渡)の場合

    町内の方へ譲渡 標識交付証明書または申告済証、双方の印鑑

    町外の方へ譲渡 標識交付証明書または申告済証、印鑑、ナンバープレート

 ※登録・名義変更・廃車手続き等につきまして、所有者の方と窓口に来られる方が異なる場合は委任状が必要となります

  ・ 住所変更(町外への転出)の場合 標識交付証明書または申告済証、印鑑、ナンバープレート

   (注)転出先で手続きができる場合もあります。

      くわしくは転出先の市区町村へお問い合わせください。

 
 125cc以下の原動機付自転車、小型特殊自動車の申告書(提出先:熊取町役場税務課)

 購入、譲受け、転入などの異動があったときの申告書、記載方法は下記をご覧ください。

廃棄、譲渡、転出、盗難、紛失などがあったときの申告書、記載方法は下記をご覧ください。

 

 

熊取町役場以外での手続き
(手続方法などについてはそれぞれの手続場所で確認してください)
 

(車種) 軽自動車(三輪・四輪)

(手続場所) 軽自動車検査協会 大阪主管事務所和泉支所

(問い合せ先) 〒593-8316 堺市西区山田2丁190番地の3 電話 050-3816-1842

                                              

(車種) 軽二輪(250cc以下)、小型二輪(251cc以上) 

(手続場所) 大阪運輸支局 和泉自動車検査登録事務所

(問い合せ先) 〒594-0011 和泉市上代町官有地 電話 050-5540-2060(自動音声) 

軽自動車税の減免について
 

 生活保護の規定により生活扶助を受けている方や、身体障害者または精神障害者で歩行が困難である方が所有し、使用している軽自動車などについては軽自動車税が減免される場合があります。

 くわしくは税務課住民税グループまでおたずねください。

お問い合わせ先

税務課(住民税グループ)

電話:072-452-1005
ファックス:072-452-7103
〒590-0495
大阪府泉南郡熊取町野田1丁目1番1号(役場北館1階)
zeimu@town.kumatori.lg.jp

  • ホームページ閲覧支援
文字サイズ変更
文字サイズを小にする
文字サイズを中にする
文字サイズを大にする
背景色変更
背景色を標準にする
背景色を黒にする
ジャンプ君イラスト