ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

『3世代近居等による固定資産税課税免除』について  ~熊取町で3世代近居・同居をはじめませんか~

子世帯が親世帯と3世代で近居や同居をするために、町内で新築または取得した住宅(中古住宅含む)について、取得後3年間、床面積120m分の住宅に対する固定資産税を2分の1免除します。

※以下の要件に該当する場合にのみ適用されます。

1.減額の内容

  ◎新築住宅:床面積120m分まで地方税法規定の新築軽減制度(新築後3年間、住宅の固定資産税を120m

     まで2分の1とする制度)と同額を免除します。(120mまでは実質全額免除となります!)

  ◎中古住宅:床面積120m分までの住宅に係る固定資産税の2分の1相当額を免除します。

 

2.減額の対象となる住宅

◎対象住宅・・・次の要件をすべて満たす住宅

       〇平成30年1月2日から平成33年1月1日の3年間に3世代近居等をするために

             新たに取得された新築住宅及び中古住宅(贈与または相続により取得したものを除く)

       〇子世帯が居住するための住宅

       〇専用住宅・併用住宅(居住部分の床面積の割合が2分の1以上のもの)

       〇居住部分の床面積が50m以上280m以下の住宅

3.減額の対象となる期間

◎対象期間・・・住宅取得後新たに課税される年度から3年間

       〇平成30年1月2日~平成31年1月1日取得分・・・平成31年度~平成33年度課税分

       〇平成31年1月2日~平成32年1月1日取得分・・・平成32年度~平成34年度課税分

       〇平成32年1月2日~平成33年1月1日取得分・・・平成33年度~平成35年度課税分

 ※認定長期優良住宅等、地方税法によるの軽減期間が5年以上となる住宅の場合も3年間の免除となります。

4.減額の要件

  ◎3世代近居等をする親、子、孫いずれの方も熊取町に住民登録をしていること

  ◎3世代近居等をする親、子、孫いずれかの方が対象住宅を所有する納税義務者であること

  ◎住宅を取得した日の属する年の翌年の1月1日(基準日)において、3世代近居等をする子世帯が中学生以下

   の子どもを扶養する世帯、または子世帯の夫婦いずれもが40歳以下であること

  ◎課税免除適用期間中、3世代近居等を継続し、かつ子世帯が対象住宅に居住していること

  ◎対象住宅の所有者及び居住者に町税等の滞納がないこと

     ※  「町税等」とは・・・

           ・町府民税

           ・固定資産税

           ・保育料

           ・介護保険料

           ・国民健康保険料及び後期高齢者医療保険料

                                       のことです。

5.申請方法

 「三世代近居等支援に係る住宅の固定資産税課税免除申請書」を住宅を取得した日の属する年の翌年の2月末

 までに税務課固定資産税グループまで提出してください。

  ※新築住宅を取得された方は、家屋調査にお伺いしますので、その際に確認させていただきます。

  ※3世代すべての世帯が転入された場合等、3世代の親子関係がわかる書類(戸籍全部事項証明等)の提出

   をお願いすることがあります。

  ※その他、必要に応じて別途確認書類の提出を求める場合があります。

 

くわしくはお問い合せください。

 

申請書 (PDF:133.9KB)

記載例 (PDF:161KB)

熊取町で3世代近居・同居をはじめませんか? (PDF:297KB)

三世代近居等支援に係る住宅の固定資産税の課税免除に関する条例 (PDF:119.1KB)

 

 

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

お問い合わせ先

税務課(固定資産税グループ)

電話:072-452-1006
ファックス:072-452-7103
〒590-0495
大阪府泉南郡熊取町野田1丁目1番1号(役場北館1階)
zeimu@town.kumatori.lg.jp

ジャンプ君イラスト