ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

予防接種について

予防接種手帳

赤ちゃんが生まれたら、予防接種手帳(乳幼児期に受けていただく予防接種の各予診票と説明書)をお渡しします。

出生届を提出された方は、すくすくステーション(子育て支援課子育て・母子支援グループ)窓口へ必ずお越しください。

また、受け取った後は、母子健康手帳と併せて大切に保管し、予防接種の際は予診票を切り離してご使用ください。

 
 
 
(他市町村より転入された場合) 

転入手続きが済みましたら、母子健康手帳をご持参のうえ、すくすくステーション(子育て支援課子育て・母子支援グループ)窓口へお越しください。

集団接種(熊取ふれあいセンターで実施)

 予防接種を受ける際は、予診票と母子健康手帳を忘れずにお持ちください。必ず説明書を読んでおきましょう。くわしくは、下記リンク(各予防接種、個別接種医療機関一覧表)をご覧ください。

 ※台風などで「警報」が発令された場合は中止することがあり ます。ご不明な場合はすくすくステーション(子育て支援課子育て・母子支援グループ)までお問い合わせください。

BCG予防接種

 BCG接種を受ける機会をより多くするため、田尻町と協力体制をとっています。(奇数月は熊取町、偶数月は田尻町で実施しています。)

※田尻町での接種を希望する方は、7日前までに必ずすくすくステーション(子育て支援課子育て・母子支援グループ)までお申し込みください。(電話申し込み可)

個別接種(医療機関で実施・予約制)

 転入の場合など、お手元に予診票がない方は、母子健康手帳をお持ちのうえ、すくすくステーション(子育て支援課子育て・母子支援グループ)窓口までお越しください。

くわしくは、下記リンク(各予防接種、予防接種協力医療機関一覧表)をご覧ください。

予防接種の種類・対象年齢・受け方

 

種類 対象年齢 受け方

B型肝炎

満1歳の誕生日の前日まで

3回接種

1回目と2回目は27日以上の間隔をあけて接種

3回目は1回目から139日以上(2回目から6日以上)の間隔をあけて接種

ヒブ(インフルエンザ菌b型)感染症 生後2か月~5歳の誕生日の前日まで

生後2~7か月の前日まで:初回接種(3回)と追加接種1回の計4回

生後7か月~1歳の誕生日の前日まで:初回接種(2回)と追加接種1回の計3回

1歳~5歳の誕生日の前日まで:1回接種

小児肺炎球菌感染症 生後2か月~5歳の誕生日の前日まで

生後2~7か月の前日まで:初回接種(3回)と追加接種1回の計4回

生後7か月~1歳の誕生日の前日まで:初回接種(2回)と追加接種1回の計3回

1歳~2歳の誕生日の前日まで:2回接種

2歳~5歳の誕生日の前日まで:1回接種

四種混合

(百日咳・ジフテリア・破傷風・不活化ポリオ)

※四種混合が接種できない場合には不活化ポリオと三種混合の接種となります。)

生後3か月~7歳6か月の前日まで

(初回接種)
 20~56日までの間隔で3回接種

(追加接種)
 初回接種終了後1年~1年半の間に1回接種

麻しん風しん混合1期 満1歳~2歳の誕生日の前日まで 1回接種
水痘(水ぼうそう) 満1歳~3歳の誕生日の前日まで

2回接種(6か月~12か月の間隔をおいて接種)

麻しん風しん混合2期 小学校入学前の1年間 1回接種(個別通知します)
日本脳炎1期 満3歳~7歳6か月の前日まで

(初回接種)
 
6~28日までの間隔で2回接種

(追加接種)
 初回接種終了後1年~1年半の間に1回接種

二種混合2期

(ジフテリア・破傷風)

満11歳~13歳の誕生日の前々日まで 1回接種(個別通知します)
日本脳炎2期 満9歳~13歳の誕生日の前々日まで

1回接種

※第1期が完了していない人は未完了分を先に接種

子宮頸がん予防ワクチン(ヒトハ゜ヒ゜ローマウイルス感染症)(2価ワクチン サーバリックス(※)

小学6年生~高校1年生相当の女子

初回接種、初回接種から1か月後、6ヶ月後の計3回
子宮頸がん予防ワクチン(ヒトハ゜ヒ゜ローマウイルス感染症)(4価ワクチン ガーダシル)(※) 同上 初回接種、初回接種から2か月後、6か月後の計3回

( ※)子宮頸がん予防ワクチン(ヒトパピローマウイルス感染症)の定期接種は、ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な疼痛などが、接種後に特異的に見られたことから、平成25年6月14日に国において専門家による審議が行われました。その結果、厚生労働省から副反応の発生頻度などがより明らかになり、国民に適切な情報提供ができるまでの間、積極的に勧奨すべきではないと勧告がありました。この勧告を受け、本町においても、当分の間、対象者への勧奨を差し控えることにしました。                                                             なお、定期接種を中止するものではありませんので、接種を希望される場合は、その有効性と副反応が起こるリスクを十分にご理解いただいたうえで受けてください。また、ホームページ「 子宮頸がん予防ワクチン(ヒトパピローマウイルス感染症)定期接種についての重要なお知らせ」についても、あわせてご覧ください

 接種間隔

生ワクチン(BCG、麻しん風しん、水痘)は、次の接種まで27日以上あけてください。

不活化ワクチン(B型肝炎、ヒブ感染症、小児用肺炎球菌感染症、ヒトパピローマウイルス感染症、不活化ポリオ、四種混合、 日本脳炎、二種混合)は、次の接種まで6日以上あけてください。

持ち物

 予防接種を受ける際には、予診票・母子健康手帳・健康保険証を忘れずにお持ちください。また、必ず説明書を読んでから接種しましょう。

  

 

地図情報

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

お問い合わせ先

すくすくステーション(子育て支援課子育て・母子支援グループ)

電話:072-452-6294
ファックス:072-453-7196
〒590-0451
大阪府泉南郡熊取町野田1丁目1番8号(熊取ふれあいセンター2階)
kosodate-shien@town.kumatori.lg.jp

ジャンプ君イラスト