中家住宅の復旧工事の状況

 平成30年9月4日に本町域を通過しました台風21号の影響により、重要文化財中家住宅の各所に大きな被害を受けました。

 最も被害が大きかったのは、重要文化財附(つけたり)の表門が完全に倒壊してしまいました。そのほかにも主屋の瓦や土壁が剥落などの被害がありました。

 ついては、今後、文化庁の国庫補助金を受けながら、復旧工事に取りかかって行きますが、随時、このホームページ上でその進捗状況をお知らせしていきます。

平成30年(2018)9月5日

中家住宅表門の写真 平成30年9月5日撮影

 台風21号が通過した翌日の表門の状況です。

 柱部分は南から北側へ倒れていますが、屋根部分は水平状態で落下したようです。

 多数の瓦が破損している状況は伺えますが、その他の部材等の状況は不明です。

 今後、復旧工事を施工するまでの間に、破損状況を把握するための調査と再利用可能な部材を保護するため、一旦、仮設倉庫に収納する作業を行っていきます。

 

 

 

平成30年(2018)11月29日

中家住宅表門の写真 平成30年11月29日撮影

 復旧工事に着手する前に、倒壊した表門の部材すべてに番付をし、部材ごとに分けられ、仮設倉庫に一時保管する作業中です。

 現在、すべての瓦屋根が取り外され、木部の部材が丸見えになっています。

 木部の部材にもかなり損傷があることがわかりました。

 今後は、公益財団法人 文化財建造物保存技術協会により部材の調査が行われ、復旧工事に向けて準備を進めていきます。

 

 

中家住宅表門の写真 今後のスケジュール(予定)

 ~2019年3月 復旧工事の設計作業

 2019年4月~ 復旧工事開始

 2020年3月   復旧工事完成

 2020年4月   一般公開再開

 

 

 

 

 

 

平成30年(2018)12月6日

表門の解体格納状況の写真 平成30年12月6日撮影

 解体された表門の木部材すべてが一旦、仮設倉庫に格納されました。

 復旧工事が始まるまでの間は、この倉庫の中で保護されます。

 現在、文化財建造物保存技術協会により一つひとつの部材について破損状況などの確認調査を行っています。

 今後は、その調査結果をもとに復旧工事の設計書を作成し、2019年春ごろには工事に着手し、2020年の春までの竣工を目指します。

 

 

 

Copyright Kumatori Town Office, All rights reserved.