ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

後期高齢者医療の保険料はいくらですか

答え

 保険料率は、大阪府後期高齢者医療広域連合議会において決定され、被保険者の「賦課のもととなる所得」に応じた所得割額と、被保険者一人ひとりが負担していただく被保険者均等割額の合算額が年間保険料となります。
 なお、保険料率(所得割率と被保険者均等割額)は2年に1回見直されます。
 被保険者均等割額は、49,036円(※平成22・23年度)です。ただし、世帯の所得が低い場合は、9割・8.5割・5割・2割が軽減されます。

 所得割は、被保険者の所得から基礎控除(33万円)を差し引き、9.34%(※平成22・23年度)を掛けた額として算定されます。ただし、所得から基礎控除を差し引いた額が58万円以下の方は、所得割額が5割軽減されます。
※軽減判定のための申請は必要ありませんが、申告がないなど町が対象となる方の所得を把握できない場合は軽減されませんので、所得がない(少ない)方でも簡易申告等をお願いすることがあります。

 また、後期高齢者医療加入直前に被用者保険の被扶養者であった方は、所得割がかからず、被保険者均等割額が9割軽減されます。
※後期高齢者医療加入前の保険者に資格喪失届を提出してくださることで、被扶養者であったかどうかの把握を行いますので、改めて届出をいただく必要はありません。
ただし、役場保険年金課に「被用者保険の被扶養者に関する届出書」をご提出いただければ、把握までの期間を短縮することができます。
 

 くわしくは保険料のページまたは大阪府後期高齢者医療広域連合のホームページをご覧ください。

関連リンク

お問い合わせ先

保険年金課(後期高齢・福祉医療グループ[後期高齢])

電話:072-452-6195
ファックス:072-452-7103
〒590-0495
大阪府泉南郡熊取町野田1丁目1番1号(役場本館1階)
hoken-nenkin@town.kumatori.lg.jp

文字サイズ変更
文字サイズを小にする
文字サイズを中にする
文字サイズを大にする
背景色変更
背景色を標準にする
背景色を黒にする
ジャンプ君イラスト