ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

入院することになりました。何か手続きは必要ですか

答え

 入院の場合、非課税世帯に属する方は、役場保険年金課で申請を行うことで、医療機関の窓口で支払う自己負担限度額及び食事療養標準負担額が軽減される「限度額適用・標準負担額減額認定証」の交付を受けることができます。ただし、申請月の初日(申請日が1日の場合はその日)から有効となりますのでご注意ください。
 また、有効期限は毎年7月31日までですので、8月以降も必要な場合は8月中に申請を行ってください。
 ただし、年度途中で所得更正や世帯構成が変わることで、非課税世帯ではなくなった場合は、有効期限満了前でも無効となります。その場合は認定証の返還をお願いすることになります。
 非課税世帯のままでも、低所得1の方が低所得2であったことが判明した場合も同様に認定証の返還と差替えをお願いすることになります。 

お問い合わせ先

保険年金課(後期高齢・福祉医療グループ[後期高齢])

電話:072-452-6195
ファックス:072-452-7103
〒590-0495
大阪府泉南郡熊取町野田1丁目1番1号(役場本館1階)
hoken-nenkin@town.kumatori.lg.jp

文字サイズ変更
文字サイズを小にする
文字サイズを中にする
文字サイズを大にする
背景色変更
背景色を標準にする
背景色を黒にする
ジャンプ君イラスト