ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

出産育児一時金について教えてください

 

答え

 

 国民健康保険に加入している方が出産した時に、申請により一児につき42万円が支給されます。

支給条件

 妊娠12週(85日)以降であれば、死産や流産でも支給されます。その場合は医師の証明書が必要です。

※他の健康保険などから出産育児一時金が支給される場合は、国民健康保険からは支給されません。社会保険に被保険者本人として1年以上加入していた方が、その保険をやめてから6か月以内に出産した場合は、加入していた保険から支給されます。

※出産日の翌日から2年を過ぎると申請できません。

支給金額

 産科医療補償制度に加入する医療機関等において出産された場合は42万円、それ以外は40万4千円となります

支給方法

 出産育児一時金は原則として、国保から医療機関に直接支払われます(出産育児一時金直接支払制度)。

  • 出産にかかる費用が42万円を超える場合
    出産育児一時金
    42万円が医療機関に支払われ、残る差額を被保険者が医療機関に支払います。
  • 出産にかかる費用が42万円未満の場合
    その費用が医療機関に支払われ、残る差額を申請により受け取ることができます。

 なお、出産育児一時金直接払制度を利用しないで、出産育児一時金42万円を申請により全額受け取ることもできます。

 

申請に必要なもの(直接支払制度を使用しない場合、差額精算が必要な場合)
  • 被保険者証
  • 印鑑
  • 医療機関が発行する直接支払制度を利用する(利用しない)旨を記載した同意書
  • 医療機関が発行する出産費用の領収・明細書
  • 振込先のわかるもの(通帳等)

関連リンク

お問い合わせ先

保険年金課(給付資格グループ[国保])

電話:072-452-6183
ファックス:072-452-7103
〒590-0495
大阪府泉南郡熊取町野田1丁目1番1号(役場本館1階)
hoken-nenkin@town.kumatori.lg.jp

  • ホームページ閲覧支援
文字サイズ変更
文字サイズを小にする
文字サイズを中にする
文字サイズを大にする
背景色変更
背景色を標準にする
背景色を黒にする
ジャンプ君イラスト