ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

妊娠中毒症により入院しましたが医療費の助成はありますか

答え

 妊娠中毒症だけの医療費助成はありませんが、妊娠中毒症も含めて病気やトラブルが発生した場合には健康保険が適用され、医療費の3割を負担することとなります。
 また、1カ月の医療費の自己負担額が高額となった場合には「高額療養費制度」が適用となる場合がありますので、くわしくは下記のリンクを参照ください。

 なお、妊婦健診や正常な分娩は病気ではないために健康保険は適用されず、全額自己負担となりますが、出産時には出産育児一時金が健康保険より給付されます。
 くわしくは下記のリンクを参照してください。

関連リンク

お問い合わせ先

保険年金課(給付資格グループ[国保])

電話:072-452-6183
ファックス:072-452-7103
〒590-0495
大阪府泉南郡熊取町野田1丁目1番1号(役場本館1階)
hoken-nenkin@town.kumatori.lg.jp

  • ホームページ閲覧支援
文字サイズ変更
文字サイズを小にする
文字サイズを中にする
文字サイズを大にする
背景色変更
背景色を標準にする
背景色を黒にする
ジャンプ君イラスト