ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

指定給水装置工事事業者の指定の更新制度の導入について

【大切なお知らせ】

●指定給水装置工事事業者の皆さまへ

令和元年10月1日から、水道法の改正により、指定給水装置工事

事業者制度は、5年ごとの更新が必要になりました。これまでの指定

の申請手続きを一部変更するとともに、新たに更新の申請手続きを

定めましたので、お知らせします。

 

 

指定給水装置工事事業者の指定又は指定の更新を受けるとき

更新の申請は、令和2年6月から受付を開始します。

なお、令和元年9月30日までに指定を受けた工事事業者の方は、

指定の有効期限に応じて受付期間を定めています。

●有効期限及び更新の受付期間

※初回の更新手続きについては、上水道課より事前に通知します。

※令和2年度は平成11年3月31日までに指定を受けた工事事業者の方のみが対象となります。

         指定を受けた日

指定の有効期間
の満了日
左記に係る更新
の受付期間
更新後の指定の有効期間が満了する日
H10年4月1日~H11年3月31日 R2.9.29 まで R2.6.1~8.25 R7.9.29まで
H11年4月1日~H15年3月31日 R3.9.29 まで R3.6.1~8.25 R8.9.29まで
H15年4月1日~H19年3月31日 R4.9.29 まで R4.6.1~8.25 R9.9.29まで
H19年4月1日~H25年3月31日 R5.9.29 まで R5.6.1~8.25 R10年9月29日まで
H25年4月1日~R元.9.30 R6.9.29 まで R6.6.3~8.23 R11年9月29日まで
  ◎更新後の指定の有効期間が満了する際は、あらかじめ通知しませんので、ご注意願います。

指定給水装置工事事業者の指定事項に変更があったとき

  次の事項に変更があったときは、変更があった日から30日以内に届け出てください。

〇事業所の名称、所在地

〇事業所の氏名又は名称、住所

〇(法人の場合)代表者、役員の氏名

〇給水装置工事主任技術者の氏名、給水装置工事主任技術者が交付を受けた免状の交付番号

 

給水装置工事主任技術者を選任したとき・解任したとき

給水装置工事主任技術者を選任又は解任したときは、当該事由が

発生した日から14日以内に届け出てください。

 

※給水装置工事主任技術者を欠いた状態は「指定の取り消し」要件に該当しますので注意してください。

指定給水装置工事の事業を廃止・休止・再開したとき

給水装置工事の事業を廃止又は休止したときは、当該廃止又は

休止の日から30日以内に、再開したときは、当該再開の日から

10日以内に届け出てください。

※「廃止」、「休止」の場合は、「指定給水装置工事事業者証」を返納(提出)してください。

指定給水工事事業者指定証書の再交付を希望するとき

 

手数料について

手数料は、申請時に窓口で納めてください。事務手数料は、下記のとおりです。

 

種   別 金   額
指定手数料(指定証の交付を含む。) 1指定につき 10,000円
指定更新手数料(指定証の交付を含む。) 1指定につき 10,000円
指定証再交付手数料 1枚につき   2,000円

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ジャンプ君イラスト