ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

大阪広域水道企業団と熊取町との水道事業の統合に関する基本協定を締結しました

 去る令和2年7月28日、プリムローズ大阪において、令和3年4月からの大阪広域水道企業団との水道事業の統合に関する基本協定を締結しました。
 本町とともに、藤井寺市、大阪狭山市及び河南町の4団体合同で基本協定締結式を行いました。
 水道事業は、今後、人口減少などに伴う給水収益の減少や老朽施設の耐震化などの建設費の増加など経営環境が厳しくなっており、加えて近年の甚大な自然災害への対応や新型コロナウイルス感染症対策など、さまざまな課題に対応しながら、ユーザーの皆様に安全で安心な水を供給する必要があります。
 統合後においては、企業団の技術力や組織力を発揮していただき、非常時での迅速かつ的確な対応や、さらなる水道施設の耐震化事業の推進など、広域化のメリットを活かした住民サービスの向上を目指します。
 

藤原町長のご挨拶

 

藤原町長のご挨拶

 

 

基本協定を締結した4団体の首長と企業長、大阪府健康医療部長

基本協定を締結した4団体の首長と企業長、大阪府健康医療部長

(左から熊取町長、藤井寺市長、大阪広域水道企業団企業長、大阪狭山市長、河南町長、大阪府健康医療部長)

 

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ジャンプ君イラスト