ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

戸籍事務のコンピュータ化について

熊取町の戸籍事務の電算化について

 本町では、住民サービスの向上及び戸籍事務の効率化・迅速化、また、災害への対策を図るため、平成25年10月19日(土)から、戸籍事務の電算化を開始し、21日(月)から電算化された戸籍証明書を交付します。(本町に本籍がある方が対象となります。)
 

○戸籍電算化とは
 現在の和紙に記載されている事項を、コンピュータで使えるデータに置き換え、管理や記載、証明書の発行などすべての戸籍事務をコンピュータでできるようにすることです。
 

○戸籍の電算化の利点
 これまでの戸籍は、戸籍専用の和紙に、タイプや手作業で記載し管理していました。このため、戸籍謄本などの請求時には複写して交付するため、多くの時間と手間を必要としていました。
 今回の電算化により、これらの事務作業がコンピュータで処理できるようになるため、戸籍の作成や発行が迅速かつ正確になり、窓口でお待ちいただく時間が短縮されます。また、戸籍は項目化されるため読みやすくなります。
 

○戸籍の電算化で変わること
 1.戸籍証明書の変更点
  

  現在の戸籍 電算化後の戸籍
証明書の名称 戸籍謄本(全員) 戸籍全部事項証明書
  戸籍抄本(個人) 戸籍個人事項証明書
書式 A4サイズ A4サイズ
  縦書き 横書き
用紙 白色 改ざん防止用紙
公印 朱色 黒色(電子印)

  2.本籍の表示
 本籍に「○○番地の△△」と「の」が含まれている場合は、「○○番地△△」と「の」を省略した表示となります。

 【例】

 大阪府泉南郡熊取町野田1丁目1番地の1 → 大阪府泉南郡熊取町野田1丁目1番地1


 3.氏名の文字
 これまでの戸籍には、手書きによる書き癖などで、辞書に載っていない文字が使われていることがありました。
 電算化に伴い、戸籍の氏名に使われる文字は、原則「常用漢字、人名用漢字等の漢和辞典」などに載っている「正字等」で記載します。また、それに併せて住民票も戸籍と同じ文字の表記になります。
 

 ※氏名に使われている文字や本籍の表示が変更になる方については、事前に文書でお知らせしています。
 ※戸籍の電算化によって、氏名に使われている文字や本籍の表示が変わりますが、氏名、本籍を変更するものではありませんので、印鑑登録、運転免許証、パスポートなどを変更する必要はありません。
 

 4.電算化前の戸籍は「平成改製原戸籍」として保存されます。
 

 ※戸籍が電算化されると、婚姻・死亡などで戸籍から除かれている方については、新しい戸籍には記載されません。
 ※戸籍から除かれた方の記載内容が必要な場合は「平成改製原戸籍」をご請求ください。
 

○戸籍の証明手数料の金額は現在と変わりません。
 1.戸籍の全部・一部事項証明書    1通 450円
 2.改製原戸籍及び除籍謄本・抄本   1通 750円
 3.除籍の全部・一部事項証明書    1通 750円
 4.戸籍の附票及び除かれた戸籍の附票 1通 300円
 

ジャンプ君イラスト