ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

なぜ、ごみを減らす必要があるのですか

答え


 理由は様々ですが、その中でも特に重要な項目を4つ挙げてみます。

 

  1. 焼却処分していたごみを減らす(資源に再利用する)ということは、限りある天然資源の有効活用になります。
  2. 環境センターは平成4年に竣工しましたが、一般的に焼却施設の寿命は20年から25年といわれており、ごみの量が減れば、施設を長く使えるとともに、維持管理コストもおさえることができます。
  3.  環境センターで焼却されたごみは灰となり、大阪湾にある最終処分場に運ばれ、埋め立てています。この最終処分場もあと平成30年くらいでいっぱいになってしまいます。少しでも長く使用するためにも、ごみの量を減らす必要があります。
  4. 家庭から出された可燃ごみは、環境センターで焼却処分されます。焼却するごみの量を減らすことは、地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの排出量を減らすことにつながり、環境への負担を減らすことができます。
ジャンプ君イラスト