ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

食品ロスを減らしましょう!

食品ロスの現状

 日本では、売れ残りや期限切れの食品、食べ残しなど、本来食べられるにもかかわらず捨てられている「食品ロス」が平成30年度には約600万トン発生(約324万トンが食品産業から発生、また、約276万トンが家庭から発生)しています。(農林水産省HP参照)

 また、同年の世界での貧困地域に対する食糧支援量は約320万トンです。(国連WFP参照)

 日本ではその倍の量の食べ物を捨てています。消費者が食品ロスをゼロにすることを心がけるだけで救える命があることを認識することが大切です。

 国民1人1日当たりの量として考えると、毎日お茶碗1杯分(約130g)も捨てている量に匹敵します。

 

日本の食品ロスの現状

毎週月曜日は”食べマンデー!”

 熊取町では、食品ロスを減らすために、「毎週月曜日は”食べマンデー!”」をキャッチコピーとし、週に一度は冷蔵庫の点検等を行い、食料品をロスなく食べきるための啓発活動を住民の皆様とともに推進したいと考えています。

 マンデー(月曜日)以外でもかまいません。週に一度は各ご家庭で食品ロスの削減についてお考えいただければ幸いです。

 「食品ロス」の削減は、食費の節約につながります。また、廃棄物の発生抑制のみならず、ごみの焼却量が減れば、二酸化炭素の排出を抑制することができ、地球温暖化を防ぐことになります。

 食材を使い切り、食べ残しをしないようにしましょう。食材の使い切りレシピやリメイクレシピなどは、下記関連リンクに掲載の〈冷蔵庫スッキリ!レシピを作成しました〉や〈消費者庁のキッチン〉にも多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

食べマンデー

カラス対策にも

 生ごみはカラスにとって栄養価の高いエサとなります。

 カラスのエサになる生ごみを減らすことは、ゴミ置場のカラス被害を防ぐことにもつながります。

 

 生ごみを減らす方法として、生ごみ処理機があります。

 家庭に生ごみ処理機があればいつでも処理することができ、生ごみを減らし、ごみ袋の節約にもつながります。また、生ごみ処理機で処理したものは肥料にもなり、家庭菜園で使えるほか、ガーデニングを楽しみたい人にも利用価値があります。

 熊取町では生ごみ処理機購入費補助金を交付しているのでぜひ活用してみてください。詳しくは下記リンクをご覧ください。

食品ロスを減らしましょう!(youtube)

食品ロスを減らしましょう!(youtube)

関連リンク

お問い合わせ先

環境課(環境グループ)

電話:072-452-6097
ファックス:072-452-7103
〒590-0495
大阪府泉南郡熊取町野田1丁目1番1号(役場本館1階)
kankyou@town.kumatori.lg.jp

文字サイズ変更
文字サイズを小にする
文字サイズを中にする
文字サイズを大にする
背景色変更
背景色を標準にする
背景色を黒にする
ジャンプ君イラスト