ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

町内公共施設におけるペットボトル商品の販売抑制について

 不用意に捨てられたレジ袋やペットボトル等のプラスチックごみによる海洋汚染は、生態系への影響が懸念されるなど看過できない地球規模の問題となっています。

 この問題への対策として、国は令和2年7月にレジ袋の一律有料化を実施しました。熊取町においても、平成31年2月に「くまとりプラスチックごみゼロ宣言」を行い、令和2年5月にはプラスチックごみ削減に向けた具体的な取組を体系的に取りまとめた「熊取町エコプロジェクト」を策定しました。

 本町では、「熊取町エコプロジェクト」に基づく取組の一つとして、町内公共施設に設置の清涼飲料水自動販売機におけるペットボトルの販売抑制に取り組みます。

本取組に賛同、協力いただく際の周知用ポスターを作成しました

 現在、町内公共施設に設置している自動販売機において、協力の依頼を行っておりますが、公共施設に関わらず本町の取組みにご協力いただける場合も含め、下記掲載の周知用ポスターの【事業者名】に各事業者様の名称等を入力いただき適宜ご活用ください。

 また、ポスターのサイズ、部数等について、直接下記問い合わせ先へご連絡をいただきましたら、ご要望に応じてご用意いたします。

 

お問い合わせ先

環境課(環境グループ)

電話:072-452-6097
ファックス:072-452-7103
〒590-0495
大阪府泉南郡熊取町野田1丁目1番1号(役場本館1階)
kankyou@town.kumatori.lg.jp

文字サイズ変更
文字サイズを小にする
文字サイズを中にする
文字サイズを大にする
背景色変更
背景色を標準にする
背景色を黒にする
ジャンプ君イラスト