ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

野生のサルの出没に注意

 熊取町内においても野生のサルが出没した事例がありました。むやみに近づくと危害を受ける可能性がありますので、不用意に近づかず、サルに遭遇した時は以下の事を守ってください。 

・騒いだり、大声を出したりしない
・もし近づいてきたら、慌てずにゆっくり後ずさりして遠ざかる。目を合わせないようにする
・餌は絶対に与えない(餌を与えたり話しかけたりすることでサルにかまれるなどの被害につながることがあります) 
・棒などを使って追い回したり石を投げたりしない(逃げたサルが、興奮して他の人を襲う可能性があります)

 ニホンザルのオスは、4才から6才に達すると必ず生まれ育った群れを放れて、他の群れへ入るために旅をします。これは近親交配を避けるためと言われていますが、その旅の道すがら市街地へ迷い込むことがあります。山奥に生息するサルは、人間と接触することが稀で、市街地へ迷い出ることは少ないのですが、行楽地のサルは餌付けなどで人なれしており、市街地に出現することがあると思われます。

 
本来は他の群れに入る目的の旅ですから、騒いだりして刺激しないでください。通常、移動して山に帰っていきます。

サルの目撃情報の連絡先

   熊取町住民部産業振興課農業・商業観光振興グループ(452-6050)

                          環境課環境グループ      (452-6098)
 

 

 

 

お問い合わせ先

環境課(環境グループ)

電話:072-452-6098
ファックス:072-452-7103
〒590-0495
大阪府泉南郡熊取町野田1丁目1番1号(役場本館1階)
kankyou@town.kumatori.lg.jp

ジャンプ君イラスト