ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

犬の感染症について

 大阪府動物愛護管理センターより大阪府内において平成29年10月以降、家畜伝染病予防法第4条に基づく犬のレプトスピラ病の届出が数件あった旨の情報提供がありました。レプトスピラ症に関する情報等は下記のとおりです。

レプトスピラ症

 レプトスピラ症とは、レプトスプラ症をおこす細菌が感染することでかかる病気です。   

 レプトスピラ症にかかっている動物の糞や尿で汚染された土壌や水が、体の傷や粘膜に接触することで感染します。人から人にうつることはまれです。

症状

 2日~3週間の症状のない期間のあと、頭痛、発熱、悪寒、筋肉痛、吐き気、下痢や腹痛などが現れます。重症になると体が黄色くなり、腎不全などを伴い(ワイル病)死亡することがあります。

 治療には抗生物質の投与が行われます。早期に治療する必要があります。

予防・対策

 現在、予防できるワクチンはありません。

 〇水に関するレクリエーションをする場合はけがをしないよう防護のための装備を着用しましょう。

 〇けがをしている場合は水の中に入らないようにしましょう。

 〇汚染されている可能性のある水や食べ物を摂取するのはやめましょう。

犬のレプトスピラ症について

 イヌのレプトスピラ症は世界的に見られる感染症で、ヒトと同様に多くのタイプのレプトスピラに感染します。感染経路もヒトと同様です。

 レプトスピラ症に感染したイヌは、無症状のまま尿中に菌を排出することがあり、ヒトへの感染源となることがあります。

お問い合わせ

家畜伝染病予防法による届出、法律に関する相談

     大阪府家畜保健衛生所   電話 072-458-1151

犬のレプトスピラ症に関する相談

      大阪府動物愛護管理センター 電話 072-958-8212

人のレプトスピラ症に関する相談

      最寄りの保健所

お問い合わせ先

環境課(環境グループ)

電話:072-452-6097
ファックス:072-452-7103
〒590-0495
大阪府泉南郡熊取町野田1丁目1番1号(役場本館1階)
kankyou@town.kumatori.lg.jp

ジャンプ君イラスト