ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

児童手当

平成24年4月から児童手当制度が始まりました

 家庭等における生活の安定に寄与するとともに、次代の社会を担う児童の健やかな成長に資することを目的とし、中学校修了前までの児童を養育している方に支給します。

 

児童手当・特例給付の支給額 (月額)

[1]所得制限額未満の方(児童手当)

3歳未満 15,000円
3歳以上~小学生 10,000円(第3子以降は15,000円)
中学生 10,000円(一律)

 

[2]所得制限額以上の方(特例給付)

 5,000円(一律)

 

[3]所得制限(平成24年6月分から適用)

扶養親族等の数 所得制限限度額(万円) 収入額の目安(万円)
0人 622.0 833.3
1人 660.0 875.6
2人 698.0 917.8
3人 736.0 960.0
4人 774.0 1002.1
5人 812.0 1042.1

 

支給日 

支給期 支給日 支給月
6月期 6月10日 2月分から5月分
10月期 10月10日 6月分から9月分
2月期 2月10日 10月分から翌1月分

 ※支給日が金融機関の休業日にあたる場合は、その直前の営業日に支給します。

 ※振込口座は、受給者名義の普通預金口座に限ります。

 

 

 

児童手当・特例給付の手続き

新型コロナウイルス感染予防のため、書類の提出が遅れる場合は、郵送や提出期限の延長など、事情に応じて対応いたしますので、生活福祉課までご相談ください。

[1]第1子の出生、熊取町へ転入等により受給資格が生じた場合の手続きについて

 出生、転入等により受給資格が生じた場合、「児童手当・特例給付 認定請求書」をご提出ください。

 

【手続き期限】

  • 異動日(出生日、転入日等)の翌日から15日以内

※児童手当等は、原則、申請した月の翌月分から支給されます。ただし、異動日(出生日、転入日等)が月末に近い場合、申請が翌月になっても異動日の翌日から15日以内の申請であれば、申請月から支給します。

 

【手続きに必要なもの】

  • 請求者の印鑑(スタンプ印不可)
  • 請求者名義の普通預金口座情報確認書類(通帳、キャッシュカード等)
  • 請求者の健康保険被保険者証の写し(厚生年金等の被用者年金制度に加入している方のみ)
  • 請求者及び配偶者の個人番号確認書類
  • 本人確認書類(運転免許証等)

※別居している児童を請求者が養育している場合は[6]を参照

※上記以外の書類の提出をお願いさせていただく場合がありあます。

 

 

[2]第2子以降の出生等により児童を新たに養育する場合の手続きについて

新たに第2子以降の児童を養育する方は「児童手当・特例給付 額改定認定請求書/額改定届」をご提出ください。

 

【手続き期限】

  • 事由日(出生等)の翌日から15日以内

※改定後の額での支給は、請求した月の翌月分から行われます。ただし、事由日(出生日等)から15日以内の届け出の場合は、事由日(出生日等)の翌月分から改定後の額で支給されます。

 

【手続きに必要なもの】

  • 受給者の印鑑(スタンプ印不可)
  • 本人確認書類(運転免許証等)

※別居している児童を受給者が養育している場合は[6]を参照

※上記以外の書類の提出をお願いさせていただく場合がありあます。

 

 

[3]支給対象児童のうち、何人かの児童を養育しなくなった場合の手続きについて

諸事情により、支給対象児童のうち何人かの児童を養育しなくなった方は「児童手当・特例給付 額改定認定請求書/額改定届」をご提出ください。

 

【手続き期限】

  • 事由日(児童を監護をしなくなった日等)の翌日から15日以内

 

【手続きに必要なもの】

  • 受給者の印鑑(スタンプ印不可)
  • 本人確認書類(運転免許証等)

※別居している児童を受給者が養育している場合は[6]を参照

※上記以外の書類の提出をお願いさせていただく場合がありあます。

 

 

[4]受給資格がなくなった場合の手続きについて

 以下の理由により受給資格が喪失する方は、「児童手当・特例給付 受給事由消滅届」をご提出ください。なお、以下の理由以外に受給資格を喪失した場合も手続が必要となります。

  • 熊取町から転出(本町では転出予定日の属する月分まで支給します。また、転出予定日の翌日から15日以内に転出先の市区町村で児童手当の申請が必要です。)
  • 受給者が離婚や別居等により児童を養育しなくなった
  • 公務員として採用された(採用された月分まで本町が支給します。それ以降の手当は、勤務先での支給となりますので、勤務先へお問い合わせください。)

※上記以外にも受給資格が喪失した場合は手続が必要ですので、担当までお問い合わせください。

 

【手続き期限】

  • 児童手当等を受ける理由がなくなったら、速やかに

 

【手続きに必要なもの】

  • 受給者の印鑑(スタンプ印不可)
  • 本人確認書類(運転免許証等)

※上記以外の書類の提出をお願いさせていただく場合がありあます。

 

 

[5]児童手当等の現況届の手続きについて

 毎年6月に児童手当等を受給する要件を満たしているかを確認するため、現況届の手続が必要です。5月末に届出用紙を受給者あてに郵送しますので、6月1日の状況で必要事項を記入し、6月中にご提出ください。この届出がないと、6月分以降の児童手当が受給できなくなるので、ご注意ください。

 

【手続き期限】

  • 本年6月1日から同月30日までの間(土日祝日除く)

※本年の5月中に新規認定請求をされた方は本年に限り手続き不要ですが、翌年から届け出いただきます。

 

【手続きに必要なもの】

  • 受給者の印鑑(スタンプ印不可)
  • 受給者の健康保険被保険者証の写し(厚生年金等の被用者年金制度に加入している方のみ)
  • 本人確認書類(運転免許証等)

※別居している児童を受給者が養育している場合は[6]を参照

※上記以外の書類の提出をお願いさせていただく場合がありあます。

※前年の所得が現在の受給者よりも配偶者の方が高く、配偶者が児童の生計を維持する程度が高いと判断される場合は、受給者が変更となる場合があります。その際は現受給者の受給事由消滅通知書を受け取ってから15日以内に新たに受給者となる配偶者が申請を行う必要があります。(配偶者が公務員の場合は勤務先へ申請してください。)

 

 

[6]受給者が児童と別居したが、児童を引き続き養育する場合の手続きについて

 受給者と児童が別居したが、児童を引き続き養育する場合は「児童手当・特例給付 別居監護申立書」をご提出ください。

 

【手続き期限】

  • 別居事由が発生したら、速やかに

 

【手続きに必要なもの】

  • 受給者の印鑑(スタンプ印不可)
  • 本人確認書類(運転免許証等)
  • 別居している児童の個人番号確認書類(マイナンバーカード、通知カード等)

※上記以外の書類の提出をお願いさせていただく場合がありあます。

 

 

[7]支払希望金融機関を変更したい場合の手続きについて

 児童手当等の振込口座を変更する場合は、「児童手当・特例給付 振込金融機関変更届」をご提出ください。

 

【手続き期限】

  • 児童手当等の支払日に属する月の前月初旬までに

 

【手続きに必要なもの】

  • 受給者の印鑑(スタンプ印不可)
  • 受給者名義の普通預金口座情報確認書類(通帳、キャッシュカード等)
  • 本人確認書類(運転免許証等)

 

 

[8]町内転居や氏名変更をした場合の手続きについて

 受給者や児童が町内転居や氏名を変更した場合、「児童手当・特例給付 氏名/住所等変更届」をご提出ください。

 

【手続き期限】

  • 事由日(氏名若しくは住所の変更日)の翌日から15日以内

 

【手続きに必要なもの】

  • 受給者の印鑑(スタンプ印不可)
  • 本人確認書類(運転免許証等)

※別居している児童を受給者が養育している場合は[6]を参照

※上記以外の書類の提出をお願いさせていただく場合がありあます。

 

 

[9]児童手当を受給していることを証明する必要がある場合の手続きについて

 奨学金の申込みや学校の授業料免除等で、児童手当等を受給していることを証明する必要がある方は「児童手当・特例給付受給証明申請書」をご提出ください。

 

【手続き期限】

  • 証明書を要する日の前日までに

※申請の翌日以降に発行するため、原則、申請した当日に証明書をお渡しすることはできません。

 

【手続きに必要なもの】

  • 受給者の印鑑(スタンプ印不可)
  • 本人確認書類(運転免許証等)

 

 

[10]その他

 上記以外の事由で各種届け出が必要な場合がありますので、詳細は担当までお問い合わせください。

 

 

 

児童手当制度では以下のルールを適用します。

  • 原則として、児童が日本国内に住んでいる場合に支給します。(留学のために海外に住んでいて一定の要件を満たす場合は支給対象になります。)
  • 父母が離婚協議中などにより別居している場合は、児童と同居している方に優先的に支給します。
  • 父母が海外に住んでいる場合、その父母が、日本国内で児童を養育している方を指定すれば、その方(父母指定者)に支給します。
  • 児童を養育している未成年後見人がいる場合は、その未成年後見人に支給します。
  • 児童が施設に入所している場合や里親などに委託されている場合は、原則として、その施設の設置者や里親などに支給します。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

お問い合わせ先

生活福祉課

電話:072-493-8039
ファックス:072-452-7103
〒590-0495
大阪府泉南郡熊取町野田1丁目1番1号(役場本館1階3番窓口)
seikatsu-fukushi@town.kumatori.lg.jp

ジャンプ君イラスト