ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

今月70歳になりました。医療費が安くなりますか

答え

 

 70歳の誕生日の翌月(誕生日が1日の方は当月)から、世帯の所得状況に応じて、医療機関の窓口での負担割合が2割(昭和19年4月1日以前生まれの方は1割)または3割となります。該当となる前月中に、負担割合が記入された「高齢受給者証」を送付しますので、医療機関にかかるときは、必ず保険証といっしょに提示してください。

 

70歳以上の国民健康保険被保険者の負担割合と所得区分

現役並み所得者  3割

同一世帯に住民税課税所得が145万円以上の70歳以上の国保被保険者がいる人。ただし、70歳以上の国保被保険者の収入合計が、1人で383万円未満、2人以上で520万円未満の場合は、申請により1割負担となります。

※住民税課税所得が145万円以上でも、昭和20年1月2日以降生まれで70歳以上75歳未満の国保被保険者がいる世帯のうち、「基礎控除の総所得金額等」の合計額が210万円以下の人は負担割合が2割となります。

低所得者2     2割(昭和19年4月1日以前生まれの方は1割)

 同一世帯の世帯主および国保被保険者が住民税非課税の人(低所得者1.以外の人)。

低所得者1     2割(昭和19年4月1日以前生まれの方は1割)

 同一世帯の世帯主および国保被保険者が住民税非課税で、その世帯の各所得が必要経費・控除(年金の所得は控除額を80万円として計算)を差し引いたときに0円となる人

一般        2割(昭和19年4月1日以前生まれの方は1割)

 上記3つのいずれにも当てはまらない人。

関連リンク

お問い合わせ先

保険年金課(給付資格グループ[国保])

電話:072-452-6183
ファックス:072-452-7103
〒590-0495
大阪府泉南郡熊取町野田1丁目1番1号(役場本館1階)
hoken-nenkin@town.kumatori.lg.jp

  • ホームページ閲覧支援
文字サイズ変更
文字サイズを小にする
文字サイズを中にする
文字サイズを大にする
背景色変更
背景色を標準にする
背景色を黒にする
ジャンプ君イラスト