ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

退職者医療制度の保険証を交付されていますが、一般の保険証との違いはなんですか

答え

 退職者医療制度とは、会社や役所を退職して国民健康保険に加入した方のうち、厚生年金や共済年金などを受給している65歳未満の方とその被扶養者(国保に加入している65歳未満の方)が対象となる制度です。
 退職者医療制度では、医療費の一部が被用者保険(職場の健康保険など)からの拠出金で賄われています。これにより、間接的にみなさんの負担軽減となり、また、国民健康保険制度の適正な財政運営につながりますので、対象となる方は必ず届出をしてください。

退職者医療制度の対象となる方

退職被保険者(退職者本人)

次の条件のすべてにあてはまる方は「退職被保険者(退職者本人)」となります。

  • 国保に加入している方
  • 65歳未満の方
  • 厚生年金や共済年金などの年金を受けられる人で、その加入期間が20年以上、もしくは40歳以降に10年以上ある方


退職被扶養者

次の条件のすべてにあてはまる方は「退職被扶養者」となります。

  • 国保に加入している方
  • 65歳未満の方
  • 退職被保険者の直系尊属、配偶者および3親等内の同居親族で、主として退職者本人の収入によって生計を維持している方
  • 年間の収入が130万円(60歳以上や障がい者の方は180万円)未満の方

医療機関にかかるとき

自己負担割合は一般の国保と同じです。

届出に必要なもの

  • 被保険者証
  • 年金証書


お問い合わせ先

保険年金課(給付資格グループ[国保])

電話:072-452-6183
ファックス:072-452-7103
〒590-0495
大阪府泉南郡熊取町野田1丁目1番1号(役場本館1階)
hoken-nenkin@town.kumatori.lg.jp

  • ホームページ閲覧支援
文字サイズ変更
文字サイズを小にする
文字サイズを中にする
文字サイズを大にする
背景色変更
背景色を標準にする
背景色を黒にする
ジャンプ君イラスト