ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

入院時の食事代の助成があると聞きました。どういうことですか

答え

  入院した時に負担していただく食事費用が、申請により次のように減額になります。
 ただし、一定の基準を満たしていることが必要です。
 認定された方には「減額認定証」を発行しますので、速やかに病院の窓口に提示してください。

減額の基準(世帯主および国保被保険者)

 

(1)住民税非課税の世帯に属する70歳未満の方

 食事代(1食260円)が210円に減額

 
(2)住民税非課税の世帯に属する70歳以上の方

 食事代を1食210円に減額。あわせて入院自己負担額(1か月44,400円)も24,600円に減額


(3)住民税非課税の世帯で、かつ世帯員全ての所得が一定以下の世帯に属する70歳以上の方

 食事代を1食100円に減額。あわせて入院自己負担額(1か月44,400円)も15,000円に減額


(4)上記(1)、(2)に該当する方で、過去1年間の入院日数が90日を超えた場合

(住民税が非課税である期間の入院日数を計算)
 →(1)、(2)の食事代がさらに1食160円に減額

申請方法

下記のものを持参のうえ、保険年金課(役場1階)で申請してください。


上記(1)~(3)の場合
  • 保険証
  • 印鑑
  • 世帯全員の前年収入がわかるもの
    (住民税申告などを済ませた方は不要)

(4)の場合
  • 保険証
  • 印鑑
  • 入院日数のわかる領収書等
  • 減額認定証(交付済の方)
  • 世帯全員の前年収入がわかるもの
    (住民税申告を済ませた方や減額認定証交付済の方などは不要)

減額認定証の有効期限

 減額認定証の有効期限は毎年7月末日です。
 引き続き減額の対象となるためには、再度、減額認定証を受けるための申請を8月中にしなければなりません。

差額の支給

 減額対象者がやむを得ない理由で医療機関において減額されなかった場合は、後日、申請により標準負担額と減額後の金額の差額を払い戻します。
保険証・領収書・印鑑・減額認定証(交付済みの方)・預金口座番号がわかるものをお持ちになって申請してください。

関連リンク

お問い合わせ先

保険年金課(給付資格グループ[国保])

電話:072-452-6183
ファックス:072-452-7103
〒590-0495
大阪府泉南郡熊取町野田1丁目1番1号(役場本館1階)
hoken-nenkin@town.kumatori.lg.jp

  • ホームページ閲覧支援
文字サイズ変更
文字サイズを小にする
文字サイズを中にする
文字サイズを大にする
背景色変更
背景色を標準にする
背景色を黒にする
ジャンプ君イラスト