ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

人工透析が必要な慢性腎不全になってしまいました。何か手続きが必要ですか

答え

 

 人工透析が必要な慢性腎不全は、高度な治療を長期間継続して行う必要がある、厚生労働大臣の指定する特定疾病の1つです。この疾病の治療を受けた場合、支払う金額は医療機関ごとに自己負担額が1ヶ月あたり1万円となります。(70歳未満の上位所得者については、限度額が2万円となります。)

 その際に必要な「特定疾病療養受療証」を申請により交付しますので、手続きにお越しください。

 

申請に必要なもの

  • 被保険者証
  • 印鑑
  • 医師の意見書

 

厚生労働大臣の指定する特定疾病の種類

  • 人工腎臓を実施している慢性腎不全(人工透析)
  • 抗ウィルス剤を投与している後天性免疫不全症候群
  • 血漿分画製剤を投与している先天性血液凝固第8因子障害または先天性血液凝固第9因子障害

関連リンク

お問い合わせ先

保険年金課(給付資格グループ[国保])

電話:072-452-6183
ファックス:072-452-7103
〒590-0495
大阪府泉南郡熊取町野田1丁目1番1号(役場本館1階)
hoken-nenkin@town.kumatori.lg.jp

  • ホームページ閲覧支援
文字サイズ変更
文字サイズを小にする
文字サイズを中にする
文字サイズを大にする
背景色変更
背景色を標準にする
背景色を黒にする
ジャンプ君イラスト