ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

国民健康保険の加入手続きについて知りたい

 

答え

 日本の医療保険制度は、「国民皆保険制度」となっており、すべての国民が、いずれかの公的な医療保険に加入しなければなりません。

 他の市町村の国民健康保険に加入していた方が本町に転入した場合や、職場の健康保険を喪失した場合、また、国民健康保険加入者の方で子どもが生まれたときなど、国民健康保険に加入する手続きをしてください。

 国民健康保険の加入・喪失の届け出は、事実が発生した日から14日以内です。なお、加入の場合に、14日以内に手続きがなければ、その間の保険給付ができない場合がありますのでご留意ください。

国民健康保険に加入しなければならない方

 熊取町内に住んでいる方は、国民健康保険以外の公的医療機関の加入資格がある方などを除き、すべて国民健康保険に加入しなければなりません。

 外国人の方で3か月を超える在留資格・期間のある方も同様です。

 

加入の手続き

 次の場合、世帯主の方は、下記の必要なものをお持ちのうえ、必ず14日以内に保険年金課の窓口で届け出をしてください。

熊取町に転入したとき

  • 本人確認できるもの
  • 他の市町村の転出証明書

 

勤務先の健康保険などをやめたとき、または被扶養者でなくなったとき

  • 本人確認できるもの
  • 健康保険資格喪失証明書

  ※会社の倒産やリストラなど非自発的な理由での退職の場合、保険料の軽減措置が適用できる場合がありますので、その場合は雇用保険受給資格者証をお持ちください。
 くわしくは、ページ下関連リンクの「倒産などによる失業者に対する国民健康保険の軽減制度」をご覧ください。

職場の健康保険の被扶養者でなくなったとき

  • 本人確認ができるもの
  • 健康保険被扶養者資格喪失証明書

子どもが生まれたとき

  • 被保険者証
  • 母子健康手帳

 ※出産育児一時金の請求の場合
 
 (直接支払制度を利用しない場合および差額精算が必要な場合)

  • 出産費用の領収明細書
  • 直接支払制度の利用を記載した文書
  • 振込先の通帳・印鑑

生活保護を受けなくなったとき

  • 本人確認できるもの
  • 保護廃止決定通知書

注意事項

  • いずれの場合も、世帯内に国民健康保険加入者がいる場合は、手続きの際に被保険者証が必要になります。
  • 保険料の口座振替を利用される場合は、金融機関届出印と口座番号のわかるもの(通帳など)をお持ちください。
  • 「本人確認ができるもの」とは、運転免許証・パスポートなどの官公署発行の写真付きの証明書をさします。なお、これがない場合は、年金手帳やキャッシュカード等の複数提示により身分を証明することもできます。

関連リンク

お問い合わせ先

保険年金課(給付資格グループ[国保])

電話:072-452-6183
ファックス:072-452-7103
〒590-0495
大阪府泉南郡熊取町野田1丁目1番1号(役場本館1階)
hoken-nenkin@town.kumatori.lg.jp

  • ホームページ閲覧支援
文字サイズ変更
文字サイズを小にする
文字サイズを中にする
文字サイズを大にする
背景色変更
背景色を標準にする
背景色を黒にする
ジャンプ君イラスト