ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

医療費助成制度(老人医療費の助成)※廃止・経過措置のみ

 本制度は平成30年4月の制度改正に伴い、平成30年3月31日で廃止しましたが、その時点で対象となっている方については、経過措置として平成33年3月31日まで助成が可能です。

※新規の申請の受付は行っておりません。

※平成30年4月の制度改正の詳細については下記リンクをご覧ください。

老人医療費の助成(経過措置)

 平成30年3月31日時点で、次の1~3の要件により老人医療の対象となっていた65歳以上の方が、保険証を使用し診療を受けるときに、医療機関・調剤薬局・訪問看護ステーション(以下「医療機関等」)に支払う自己負担金の一部を助成します。(ただし、所得制限があります。)

  1. 自立支援医療受給者証(精神通院)をお持ちの方

  2. 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第37条の2による患者票をお持ちの方

  3. 特定医療費(指定難病)受給者証をお持ちの方(平成26年4月1日現在の特定疾患治療研究事業実施要綱に規定する疾患のうち、国の難病としての公費負担医療の対象となる疾患を有する方が対象です。)

※経過措置期間中に、上記1~3の要件を満たさなくなった場合もしくは所得制限を超過した場合はその時点で助成ができなくなります。

助成内容   

  保険診療の対象となる医療について、本来医療機関等で支払うべき自己負担金から下記の一部自己負担額(※注)を控除した額を助成します。

 ただし、訪問看護ステーションが行う訪問看護(介護保険分)・健康保険の対象とならないもの(文書料・差額ベッド代など)は助成の対象となりません。 

 また、自立支援医療受給者証(精神通院)をお持ちの方は、精神病床への入院も助成対象となりません。       

(※注)一部自己負担額とは、老人医療(一部負担金相当額等一部助成)医療証を持っている方が、医療機関等で支払う額。
 1か月に医療機関等1か所につき1日500円(500円未満のときはその額)の負担が必要です。

 また、対象者が医療機関等に1か月間に支払った一部自己負担額を合算した額が、3,000円を超えた場合は、合算額から3,000円を控除した額を償還します。

 該当される方には診療から数か月後にはなりますが、通知にてご案内します。一度だけ口座登録していただければ、償還額が発生するごとにその口座に自動的に振込させていただきます。

お問い合わせ先

保険年金課(後期高齢・福祉医療グループ[福祉医療])

電話:072-452-6194
ファックス:072-452-7103
〒590-0495
大阪府泉南郡熊取町野田1丁目1番1号(役場本館1階)
hoken-nenkin@town.kumatori.lg.jp

ジャンプ君イラスト