ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

熊取町国民健康保険被保険者健康づくり推進奨励事業(めざせ!がっちり健幸)

『めざせ!がっちり健幸』を実施します!

『特定健診!?そんなの必要ない』 『どこも悪くないのに病院なんて』 そう思っているあなたにお知らせです!!

 

ご存知ですか?生活習慣病のアレコレ

★糖尿病、高血圧症、脂質異常症などの生活習慣病は自覚症状が少なく、気づかぬうちに重症化し、放っておくと脳梗塞心筋梗塞突然死などの原因に!やせていても要注意!!

 

特定健診の受診者と未受診者との、一人当たりの生活習慣病にかかる医療費は6倍以上の開きがある。

 

  特定健診受診者 2,360円 ⇒⇒ 6.3倍 ⇒⇒ 特定健診未受診者 14,633円 ≪本町H27年度実績≫

 

☆生活習慣病は予防が可能!

                 ↓

生活習慣病に特化した特定健診を受診し、健診結果に応じて医療機関を受診したり、適切な服薬をおこなうことや、食生活や運動を取り入れるなど生活習慣を見直すことが、健康づくりへの第一歩!

 

特定健診を受診し、しっかり健康管理をおこなうことで『健幸の好循環』の継続をめざして

特定健診の健診結果で「★」のついている項目はありませんか?

特に、生活に支障があるような自覚症状がなくても、「★」のついた項目は基準値を超えているもので注意が必要です。

特定健診を受診していない人は、

  健診項目って何?

  基準値は?

それすらわかりませんよね・・・

 

健診は血液検査や尿検査、血圧測定や腹囲の測定、医師の診察などですが、それらの項目で基準値を超えたまま放っておくと、特に日常生活に支障はなくても気づかぬうちに重症化し通院や入院による身体的・精神的な負担に加えご家族の負担も増えるだけでなく、医療費もかかってきます。

 

主な生活習慣病の治療にかかる1か月あたりの医療費(10割分:本町H28年度実績)
主な病名

入院費用は

(3割自己負担すると・・・)※

通院費用は

(3割自己負担すると・・・)※

糖尿病

640,972円

(192,291円)

37,454円

(11,236円)

高血圧症

674,788円

(194,336円)

30,724円

(9,217円)

脂質異常症

677,774円

(203,332円)

28,503円

(8,550円)

                               ※高額医療費制度は加味していません。

 

これらの生活習慣病は予防が可能です!!

健診も受けずに健康状態を知らないままでいると、気づいた時には重症化していることも・・・

 

 

そこで・・・  『めざせ!がっちり健幸』のスタートです!!

 熊取町国保には、平成30年度に

  「健診は受けたことがない」

  「病院にはかかっていない」

という、とても危険な状態の人が、約800人もいます!!

 

まず、そんな人たちに、生活習慣病の怖さ特定健診の受診の必要性と重要性を広く知っていただきたい、よりたくさんの人たちにも改めて知っていただきたい・・・

 

また、これまで家族みんなで健康づくりに取り組んでくれている世帯の努力に感謝を込めて・・・

3つの事業で健幸をサポートします。

 平成31年度からは、『健幸でがっちり賞』が新たに追加されます。

 

 

3つの事業で健幸をサポート!

対象となる可能性のある人には、町からお知らせします。

1.健幸で始めま賞 ~まずは健康状態を知ることから!~

対象要件

(平成31年度(令和元年度))

 平成30年度に特定健診と医療の受診がない

健康への第一歩

 令和2年2月29日までに特定健診を受診してください!

表彰

 表彰状

 副賞 QUOカード500円分

 

2.健幸でがっちり賞 ~努力してくれてありがとう~

事業開始年度

 平成31年度(令和元年度)から

対象要件

 ・平成30年度に世帯全員が特定健診を受診し、また、健診結果で「受診勧奨フォロー対象判定値」以上の項目がない

 ・平成30年度に世帯全員が医療を受診していない

 ・保険料を完納している

もう一歩

 健診結果で「特定保健指導判定値※」以上で、「受診勧奨フォロー対象判定値※」未満の項目がある場合は、町が指定する期日までに特定保健指導や健康相談等を受けてください!

表彰

 表彰状

 副賞 1万円

 なお、健診結果に「受診勧奨フォロー対象判定値※」を超えている項目がある場合はすぐに医療を受ける必要のある状態ですので、表彰の対象とはなりません。

 非常に危険な状態ですので、すぐに医療機関を受診してください。

 どの診療科に受診すれば良いか、どんなリスクがあるのかなど、ご不明な点は町保健師にご相談ください。

 適切な治療や服薬等をおこなうとともに、生活習慣の改善をおこなうなど健康づくりに取り組んでください。

※「受診勧奨フォロー対象判定値」は末尾のPDFでご確認ください。

 

3.郵送型健診(スマホdeドック) ~20歳代 まだ若いあなただからこそ~

 若くても過信は厳禁!

 若年層の生活習慣病の予防や早期発見・早期治療につなげるとともに、特定健診への円滑な移行を目的として実施します。

対象要件

 実施する年度末時点の年齢が20歳から29歳の人

検査費用

 無料(配送料込)

検査内容

(生化学14項目)

 中性脂肪//総コレステロール/HDL・コレステローDL/

 LDL・コレステロール/尿素窒素/クレアチニン/尿酸/

 AST(GOT)/ALT(GPT)/γ-GTP/血糖値/HbA1c

 /総タンパク/アルブミン

 ※参考指標として、腎機能の低下を早期に発見する「eGFR」も表示いたします。

 郵送型簡易血液検査(スマホdeドック)の流れ

  ○ スマホやパソコンで申し込み

     (お申し込み期間については、現在調整中です。 なお、対象となる方には事前

      にご案内を通知します。)

   ※先着100名限り

  ○ 自宅に検査キットが届いたら、採血し郵便で返送

  ○ 1週間程度で検査結果をスマホやパソコンで確認できます。

  ○ 検査結果確認後30日間は気になる健康状態や今後の生活改善方法等について専門家に相談できます。

 

 

 

 

 

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ジャンプ君イラスト