ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

海外渡航者のための予防接種について知りたいのですが

答え

海外生活で必要な予防接種は、通常の定期接種に加え、その土地、地域によっては黄熱、A型肝炎、B型肝炎、狂犬病などが考えられます。

 また、破傷風、日本脳炎、ポリオの追加が必要なこともあります。小児では水痘、おたふくかぜなどが必要なこともあります。

 米国のように留学に際して規定の予防接種が完了していることを要求する国がありますので、十分な時間的ゆとり(数か月)をもって、予防接種を受けてください。

 なお、厚生労働省検疫所のホームページ:海外渡航者のための感染症情報(http://www.forth.go.jp)では、海外渡航と予防接種、海外旅行前・旅行中、旅行後の注意、黄熱予防接種要求国、海外の感染症発生状況、個々の感染症予防接種に関する情報、代表的な予防接種実施医療機関の情報が入手できます。

ジャンプ君イラスト