ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

手足口病の流行にご注意ください!

 平成31年(2019年)に入り、手足口病が流行しています。

 ピークは例年、7月~8月に見られ、感染力がとても強い病気です。

 手足口病が疑われる症状が出た場合は、必ず受診前に医療機関に連絡し、手足

口病を疑う旨を伝えてから医療機関の指示に従い、早急に受診するようにしてくだ

さい。 

手足口病について

 手足口病は、夏季に流行する急性ウイルス性感染症で、5歳くらいまでの子ども

を中心に流行がみられますが、大人がかかることもあります。

 感染経路は、飛沫感染(咳やくしゃみ、つばなどのしぶきに含まれるウイルスによ

る感染)、経口・接触感染(水疱の内容物や便に排出されたウイルスが手などを介

 し、口や目などの粘膜に入って感染)などにより感染します。

 一般的には感染してから2~5日の潜伏期間を過ぎると、口の中、手のひら、足

の裏などに2~3mmの水疱性発疹ができます。

 保育施設や幼稚園などこの世代の子どもたちが集まる場所では、感染が広がる

可能性が高く、特に注意が必要です。

手足口病にかからないために

 手足口病には、特定の治療方法がありませんので予防が大切です。

 ワクチンがありませんので、感染の予防は手洗いとうがいの徹底が有効です。

 日ごろから、バランスの良い食事や十分な休養を心掛けましょう。

 また、感染者との密接な接触を避け、タオルなどの共用はしないでください。

 

関連リンク

お問い合わせ先

健康・いきいき高齢課(健康増進グループ)

電話:072-452-6285
ファックス:072-453-7196
〒590-0451
大阪府泉南郡熊取町野田1丁目1番8号(熊取ふれあいセンター1階)
kenkou-kourei@town.kumatori.lg.jp

ジャンプ君イラスト