ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

ハンセン病について

 ハンセン病は、遺伝しない病気ですが、過去においては遺伝病として恐れられ、隔離が必要な伝染性の病気として誤解されてきました。

 国や地方自治体などにより行われた強制隔離政策が、患者・回復者の人権を著しく侵害するとともに、その家族の方々にも多大な苦痛を与え、さらに、社会にハンセン病に対する偏見・差別を植え付けてきました。

 現在では、早期に発見して適切に治療を行うことで、後遺症を残さず治る病気となっています。

 今、私たちにできることは何でしょうか。

 まず、ハンセン病がたどってきた様々な歴史を学び、ハンセン病に対する正しい知識を身につけましょう。

お問い合わせ先

健康・いきいき高齢課(健康・いきいき高齢グループ[健(検)診])

電話:072-452-6285
ファックス:072-453-7196
〒590-0451
大阪府泉南郡熊取町野田1丁目1番8号(熊取ふれあいセンター1階)
kenkou-kourei@town.kumatori.lg.jp

ジャンプ君イラスト