ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

熱中症にご注意ください!

 熱中症は、気温が高い屋外だけで発症すると思われがちですが、くもりの日や室内、夜間寝ているときなどでも発症します。

 熱中症の症状は一様ではなく、症状が重くなると生命へ危険が及ぶこともあり、高齢者や小児・幼児は、成人よりも熱中症のリスクが高く、さらに注意が必要です。

 また、これまでと異なり、新型コロナウイルス感染予防として「新しい生活様式」(1.身体的距離の確保、2.マスクの着用、3.手洗いの実施や「3密(密集、密接、密閉)」を避けるなど)が求められており、それを踏まえた熱中症予防行動が重要です。

「新しい生活様式」を健康に

新しい生活様式での熱中症予防ポイント

 適切な予防法を知っていれば、熱中症を防ぐことができます。 

暑さを避けましょう

・ 感染症予防のため、換気扇や窓開放によって換気を確保しつつ、

 エアコンの温度設定をこまめに調整する

・ 暑い日や時間帯は無理をしない

・ 涼しい服装にし、急に暑くなった日などは特に注意する 

適宜マスクをはずしましょう

・ 屋外で人と十分な距離(2メートル以上)を確保できる時はマスクをはずす

・ マスクを着用している時は、負荷のかかる作業や運動を避け、周囲の人

 との距離を十分にとった上で、適宜マスクをはずして休憩をとる

こまめに水分補給をしましょう

・ のどが渇く前に水分補給をおこなう

・ 1日あたり1.2リットルを目安に補給する

・ 大量に汗をかいた時は塩分も忘れずに摂る

日ごろから健康管理をしましょう

・ 日ごろから体温測定、健康チェックをおこなう

・ 体調が悪いと感じた時は、無理せず自宅で静養する

暑さに備えた体づくりをしましょう

・ 水分補給は忘れずに、無理のない範囲でおこなう

・ 「やや暑い環境」で「ややきつい」と感じる強度で毎日30分程度を

 目安におこなう

熱中症の症状と対応

重症度1

症状

  • めまい、たちくらみがある
  • 筋肉のこむら返りがある(痛い)
  • 汗がふいてもふいても出てくる

対応

  • 水分・塩分を補給しましょう

  • 改善しない又は悪化する場合は、病院へいく 

 

重症度2

症状

  • 頭がガンガンする(頭痛)
  • 吐き気がする、吐く
  • 体がだるい(倦怠感)

対応  

  • 足を高くして休みましょう
  • 水分・塩分を摂りましょう
  • 自分で水分・塩分を摂れなければすぐに病院へ

 

重症度3 

症状 

  • 意識がない
  • 体がひきつける(けいれん)
  • 呼びかけに対し返事がおかしい
  • 真っ直ぐに歩けない、走れない
  • 高い体温である 

対応

  • 水や氷で冷やしましょう (首、脇の下、足の付け根など)
  • すぐに救急隊を要請する

 

熱中症を疑った時の現場での応急措置

涼しい環境への避難

風通しのよい日陰や、クーラーが効いている室内などに避難させましょう。

脱衣と冷却

衣服をゆるめて、体などに水をかけたり、濡れタオルをあてて扇ぐなどして体を冷やします。

水分・塩分の補給

冷たい水を与えます。大量の発汗があった場合は、経口補水液やスポーツドリンクなどで塩分も補いましょう。

食塩水(水1リットルに1~2グラムの食塩)も有効です。 

医療機関へ運ぶ

自力で水分の摂取ができないときは、緊急で医療機関に搬送しましょう。

関連リンク

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

お問い合わせ先

健康・いきいき高齢課(健康増進グループ)

電話:072-452-6285
ファックス:072-453-7196
〒590-0451
大阪府泉南郡熊取町野田1丁目1番8号(熊取ふれあいセンター1階)
kenkou-kourei@town.kumatori.lg.jp

ジャンプ君イラスト