ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

子宮頸がん検診

受けましょう、子宮頸がん検診!

 子宮頸がんとは、子宮の入り口付近、「子宮頸部(しきゅうけいぶ)」にできるがんのことです。子宮頸がんの早期は、ほとんど自覚症状がありませんが、進行すると不正出血などの症状がみられ、子宮や子宮の周りの臓器を摘出しなければならないことがあります。

  このがんの主な原因は、『ヒトパピローマウイルス(HPV)』というウイルスの感染であり、すべての女性の約80%が一生に一度は感染しているとの報告もあります。感染しても多くの場合は免疫力によってHPVが体内から排除され自然消滅しますが、一部の人が長期感染化します。性行動のあるすべての女性が子宮頸がんになる可能性を持っています。

  また、子宮頸がんの発生率は、20歳から29歳の若い世代で急激に増加しており、20歳代や30歳代が多く診断されています。

 子宮頸がん検診は、非常に有効で、進行がんを防ぐ効果が証明されています。定期的な検診によってがんになる前の状態で発見することができますので、症状がなくても定期的に検診を欠かさずに受けましょう。

子宮頸がん集団検診

【重要】新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、5月実施分の集団検診は中止になりました。

くわしくは下記をご参照ください。

対象

 検診当日の年齢が満20歳以上の女性(熊取町民)

受診間隔

 2年度に1回

内容

 問診、子宮頸部検査

場所

 熊取ふれあいセンター(バス検診)

日程

令和2年6月11日(木曜日)、8月24日(月曜日)、9月22日(火曜日・祝日)、10月2日(金曜日)、11月9日(月曜日)

令和3年2月16日(火曜日)

※令和2年5月8日(金曜日)は新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため中止になりました。

 

費用

 500円

持ち物

 健康手帳

申し込み

 電話(072-452-6285)や本ホームページ上、または健康・いきいき高齢課窓口(熊取ふれあいセンター1階)で事前に予約申込みが必要です。

 

備考

 ・スカートなど着脱しやすい服装でお越しください。

 ・生理中の方は、受診をお控えください。

子宮がん個別検診

対象

 検診当日の年齢が満20歳以上の女性(熊取町民)

受診間隔

 2年度に1回

内容

 問診、子宮頸部検査、必要な方のみ子宮体部検査

場所

 下表の協力医療機関

医療機関名 所在地

電話

番号

みむらレディースケアクリニック 熊取町野田3-353-4 451-0377
市立貝塚病院 貝塚市堀3-10-20 422-5865
谷口病院 泉佐野市大西1-5-20 463-3232
中野クリニック 泉佐野市上町2-2-19 464-0021
りんくう総合医療センター 泉佐野市りんくう往来北2-23 469-3111
レオゲートタワーレディースクリニック

泉佐野市りんくう往来北1番地りんくうゲートタワービル18階

460-2800
西森医院 泉南市信達牧野361-10 483-2357
新泉南病院 泉南市りんくう南浜3番7 480-5622
笠松産婦人科・小児科 阪南市鳥取中192-2 471-3222
辻レディースクリニック 阪南市黒田590 サンギャラリー2階 470-0125
ながまつレディースクリニック 阪南市鳥取628-1 472-3788
阪南市民病院 阪南市下出17 471-3321

費用

 1,000円(子宮体部検査を受けた方はプラス600円)

持ち物

  ・健康手帳(必須、健康・いきいき高齢課にて交付)

  ・健康保険証

申し込み

   医療機関へ直接お申し込みください。

   (健康・いきいき高齢課への申し込みは不要です。)

お問い合わせ先

健康・いきいき高齢課(健康増進グループ)

電話:072-452-6285
ファックス:072-453-7196
〒590-0451
大阪府泉南郡熊取町野田1丁目1番8号(熊取ふれあいセンター1階)
kenkou-kourei@town.kumatori.lg.jp

ジャンプ君イラスト