ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

ヒブ・小児用肺炎球菌感染症

 接種を希望する方は下記の協力医療機関に事前に予約のうえ、接種してください。

 予防接種をうける際には予診票、母子手帳、健康保険証をご持参ください。

 

 

  ヒブ感染症

 

初回接種年齢

 

接種回数

生後2~7か月の前日まで

 

4回

 

初回3回(27日~56日までの間隔をあけて)

追加1回(初回接種終了後7月から13月までの間隔をおいて)

 生後7ヵ月~1歳の誕生日の前日まで

 

3回

 

初回2回

追加1回

1歳~5歳の誕生日の前日まで

1回

1回接種

  

小児用肺炎球菌感染症

 

初回接種年齢

 

接種回数

 

生後2~7か月の前日まで

 

 

4回

 

初回3回(27日以上の間隔)
*3回目は1歳未満に完了する

追加1回(3回目から60日以上の間隔をおいて、標準として1歳~1歳3か月までに行う)

生後7か月~1歳の誕生日の前日まで

3回

初回2回(27日以上の間隔)

追加1回(2回目から60日以上の間隔をおいて1歳を過ぎたら行う)

1歳~2歳の誕生日の前日まで

2回

60日以上の間隔

2歳~5歳の誕生日の前日まで

1回

1回接種

 

 

複数のワクチンの同時接種

 この2つのワクチンや、四種混合ワクチンなどのワクチンは、それぞれ別々の日に接種できますが、医師の判断と保護者の方の同意によって同時に複数のワクチンを接種することができます。同時接種は、早く免疫をつけたり、受診の回数を少なくするために行われます。

 これらのワクチンを複数同時に接種すると、1つのワクチンを接種するより、発熱や注射したところの発赤などの軽い副反応がおこりやすくなるという報告はありません。複数のワクチンの同時接種は、単独接種も考慮し、主治医とよくご相談ください。万一重い副反応が生じた際などに、単独接種のほうが、どのワクチンの接種後に起こったのか分かりやすくなることなども考慮されます。

基礎疾患(持病)があるお子さんへの接種

 重い基礎疾患のあるお子さんへの接種は、日ごろからその疾患の状態をよく知っている主治医などが、お子さんの体調をよく確認して慎重に行ってください。

 

 

 

 

                      

 

 

 

お問い合わせ先

すくすくステーション(子育て支援課子育て・母子支援グループ)

電話:072-452-6294
ファックス:072-453-7196
〒590-0451
大阪府泉南郡熊取町野田1丁目1番8号(熊取ふれあいセンター2階)
kosodate-shien@town.kumatori.lg.jp

ジャンプ君イラスト