ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

だから熊取に決めたんだ!

 

ほほえみ 子育て 熊取町!―転入・定住促進―

 

mein

 熊取町では、若い子育て世代の家族の町外からの転入や町内での定住を歓迎しています。また、「ほほえみ 子育て 熊取町!」をキャッチフレーズに、魅力ある施策を展開しています。

 これまで本町では、豊かなみどりと自然を生かしながら、良好な住宅都市づくりを進めてきました。また、充実した子育て支援策を展開するとともに、学校施設整備や図書館、総合体育館などの生涯学習施設整備を行い、「子育てしやすいまち」「教育のまち」など、個性豊かな魅力あるまちづくりを進めてきました。

 自然が豊かで子育て・教育環境がしっかり整ったくまとりで、大切な家族とのびのび暮らしてみませんか?

 

meinrogo

転入・定住促進施策を中心としたシティプロモーション

取り組みの背景

 「くま子って、どこの出身やったっけ」「熊取やで」「クマ捕るん?」「クマはおらんで」・・・

 これは、本町をPRし、転入・定住促進につなげようと、制作から出演まで若手職員有志が携わった本町PR用CM「DO YOU KNOW くまとり?」の冒頭のコメントシーンです。

 

 本町は、人口約44,000人と町では府内最大の人口規模を誇りながら、このCMのとおり、府内でも特に北摂などでは知名度があまり高くありません。

 又、ベッドタウンとして、昭和50年代の大規模住宅開発等により人口が増加してきましたが、平成20年度に初めて微減、以降減少傾向が続いています。

 現在、町の一般会計収入の約4割を占める町税のうち、約5割を個人住民税が、約4割を固定資産税が占めていますが、今後、予想される人口及び生産年齢人口の減少が、町税収入の減少を招き、本町財政基盤や地域経済への影響なども懸念されるところです。

PR動画&情報誌『熊取ものがたり』による発信

 町内に3つの大学があり、学園文化都市である熊取町。その町内大学に通う大学生と一緒に、若年者をターゲットにした情報誌とPR動画を作成しました。

 大学生はプロの制作業者によるワークショップを受け、「卒業後や結婚後にも熊取に住みたくなる!」をテーマに、大学生自身が取材や撮影を行い、熊取町の魅力を伝えています。

“子育て・教育のまち”熊取町自慢の施策

   本町はこれまで豊かなみどりと自然を活かしながら「子育てのまち」、「教育のまち」として、良好な住宅都市づくりを推進してきました。

   地域に根ざしたNPO団体などとの協働により、充実した子育て・教育にまちぐるみで取り組んでいることが、本町の子育て・教育の大きな特徴であり、最大の強みです。

  “熊取ブランド”(イメージブランド)を支える本町の子育て・教育施策の一押し情報は次の一覧表のとおりです。(令和3年4月1日現在)

子育て・教育施策の一押し情報

「ゆったり育てる」子育て施策についてはコチラもご覧ください。

「まっすぐ育てる」教育施策についてはコチラをご覧ください。

転入・定住された方への特典 

 平成30年度から、3年間の期間限定メニューとして、町内で3世代近居等をされる子育てファミリーを対象とした支援施策など、2つのインセンティブを新たに実施してまいりました。

 令和3年度からは、これまでの2つのインセンティブの制度内容について、より広く活用いただけるよう見直しを図るとともに、さらに3年間の限定メニューとして実施してまいります。

 これまで積上げてきた充実した子育て・教育施策に基づく“熊取ブランド”(イメージブランド)の発信と併せて、当該支援施策を行うことにより、子育て世代と想定する年齢層(25~39歳)及び就職期層(20~24歳)を中心とした転入定住を促進させ、ひいては「社会増減数の増加」につなげてまいります。

◆ インセンティブ【1】 『3世代近居等支援』

 子世帯が、親世帯と3世代で近居や同居をするために、町内で住宅(中古住宅含む。床面積50平方メートル以上の住宅が対象。)を取得した場合に、10万円を補助します。

 ※詳しい要件等は下記のページをご覧ください。

◆ インセンティブ【2】 『社宅誘致支援』

 町内に従業員の居住を目的とした住居を新たに所有又は賃借した法人に対して、入居戸数1戸につき、上限15万円を補助します(各補助対象者毎に1回限り、補助限度額は1法人につき300万円)。

転入促進基本方針・転入促進アクションプログラム

 「子育てしやすいまち」「教育のまち」など、熊取町の特徴あるまちづくりを継続しつつ、若年世代を中心に本町への転入・定住を促進することを目的として、平成24年3月に『転入促進基本方針』を、また、同年12月には同基本方針に基づく『転入促進アクションプログラム』(以下、「第1期プログラム」という。)をとりまとめ、当該転入定住促進の取り組みを展開してまいりました。

 平成30年4月には、『第2期転入定住促進アクションプログラム』を策定し、先述の『新機軸によるインセンティブ』を開始するなど、着実に取り組みを進めているところです。

 さらに、令和3年4月には「第3期転入促進アクションプログラム」を策定し、令和2年3月に策定した「第2期熊取町まち・ひと・しごと創生総合戦略」及び「熊取町人口ビジョン」を達成させるための行動計画のひとつとして位置づけ、これを推進しています。

 また、同時に本町の人口動態の現状を踏まえ、これまで積み上げてきた充実した子育て・教育施策や住環境、自然環境など本町の強みを引き続きPRすることで、転出の抑制、転入者の増加による社会増減数の増加を目指していきます。

 今後とも、転入定住促進効果が期待できる新たな施策においては、引き続き検討するとともに、機動性のある対応が可能となるよう、必要に応じて第3期プログラムのアクション項目に適宜追加するなど、柔軟に対応してまいります。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

お問い合わせ先

企画経営課(政策企画グループ)

電話:072-452-9016
ファックス:072-452-7103
〒590-0495
大阪府泉南郡熊取町野田1丁目1番1号(役場本館2階)

kikaku@town.kumatori.lg.jp

ジャンプ君イラスト