ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

児童生徒の安全対策として、どのようなことをしていますか。

答え

 小学校では、学校防犯システム(校門に設置したビデオカメラとセンサーにより、児童が校門を通過するとタグを感知し、職員室のサーバーに通過時刻の情報とその時の映像が記録されるシステム)を導入しています。
 併せて、門扉のオートロック化、カメラ付インターホンの設置なども行っています。また、防犯ブザーの配付や不審者対応の避難訓練、防犯教室の実施なども行っています。

 中学校では、校門にビデオカメラを設置し、職員室でモニターしています。

 大人の見まもり活動としては、教職員が校門であいさつ活動を実施したり校内巡視を実施したりします。
 登下校時には、小学校区毎に配置したスクールガードリーダー(警察のOB)が校区を巡視しています。
 また、保護者や地域の方々による「子ども見まもり隊活動」と「子ども110番の家運動」なども行っています。

お問い合わせ先

学校教育課(学校指導)

電話:072-452-6361
ファックス:072-452-7103
〒590-0495
大阪府泉南郡熊取町野田1丁目1番1号(役場北館2階)
gakkou-kyouiku@town.kumatori.lg.jp

ジャンプ君イラスト