ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

【町税の納付が困難な方へ】 納付相談(分割納付、徴収猶予など)をおこなっています

  
 町税を納期限までに納付することが難しい場合、分割納付の相談を随時おこなっています。
 また、下記要件に該当する場合は、町税の徴収猶予や換価の猶予を受けることができます。申請書や必要書類の提出などが必要ですので、くわしくは収納対策課までお問い合わせください。

 

 

分割納付について

 本来の納期限にかかわらず、分割して納付する方法です。
 納付計画についてご相談ください。

 

分割納付に関しての注意点


 〇 督促状が届く場合があります。 

 〇 延滞金を加算する場合があります。

 〇 財産調査(預貯金、保険の契約状況など)をおこなう場合があります。

徴収猶予について(地方税法第15条)

 納期限を1年間(延長により最長2年間)猶予(延長)する制度です。
 納税を免除したり、税額を減額する制度ではありませんので、猶予期間が経過した時点で、猶予していた町税を納付していただく必要があります。
 また、下記「対象となる方」に該当する場合であっても、認められない場合(例:高額の預貯金がある方など)があります。

 

対象となる方

 
 〇 納税義務者の方が所有する財産について、震災、風水害、火災、その他の災害(※)を受け、または盗難にあっ
    た場合

    ※ 新型コロナウイルス感染症の患者が発生した施設で消毒作業がおこなわれたことにより、備品や棚卸資産
       を廃棄した場合など

 〇 納税義務者本人または生計を一にする親族が病気にかかり、または負傷した場合

 〇 納税義務者の方が営む事業について、事業を廃止し、または休止した場合

 〇 納税義務者の方が営む事業について、利益の減少などにより、著しい損失を受けた場合

 

徴収猶予の申請に関しての注意点

 
 〇 納期限までに申請が必要です。納期限を過ぎると、原則、申請はできません。

 〇 地方税法第15条の2に基づく書類(要件に該当する事実を証する書類、財産目録、担保の提供に関する書類な
    ど)の提出が必要です。

    ※ 新型コロナウイルス感染症の影響による場合は不要です。

 〇 猶予を受けようとする金額が100万円を超え、かつ、猶予期間が3ヵ月を超える場合は、地方税法第16条第1項
    に基づく担保の提供が必要です。

    ※ 新型コロナウイルス感染症の影響による場合は不要です。

 〇 延滞金を加算する場合があります。

 〇 財産調査(預貯金、保険の契約状況など)を行う場合があります。

申請による換価の猶予について(地方税法第15条の6)

 町税を一時に納付することが難しい場合、申請による換価の猶予制度がありますので、くわしくはお問い合わせください。

  ※ 換価とは、差し押さえた財産を強制的に金銭に換えることです。
 

「eLTAX」で電子申請ができます

 「eLTAX」で徴収猶予や換価の猶予の電子申請ができます。
 くわしくは、地方税共同機構のホームページ(https://www.eltax.lta.go.jp/news/03047)をご覧ください。

 

 

お問い合わせ先

収納対策課(収納グループ)

電話:072-452-1007
ファックス:072-452-7103
〒590-0495
大阪府泉南郡熊取町野田1丁目1番1号(役場北館1階)
shuunou@town.kumatori.lg.jp

ジャンプ君イラスト