ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

町税の納付時期と方法

 固定資産税と軽自動車税(種別割)は5月上旬、町府民税は6月上旬に納税通知書を送付します。
 納期内に本町指定の納付場所等(金融機関・コンビニエンスストア・スマートフォンアプリ)または役場内指定金融機関の窓口で納付してください。

 

納付時期

 

 納期  第1期  第2期  第3期  第4期
 税目  町府民税  普通徴収  6月  8月  10月  翌年1月
 特別徴収  給与支払日の翌月の10日
 固定資産税  5月  7月   12月  翌年2月
 軽自動車税(種別割)  5月

納付場所

 

金融機関
 

銀行

三井住友・池田泉州・紀陽・りそな・三菱UFJ・関西みらい

農協

大阪泉州

信用金庫

きのくに・大阪

労働金庫

近畿

ゆうちょ銀行・郵便局

大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県内のゆうちょ銀行・郵便局

 

コンビニエンスストアおよびスマートフォンアプリ

 納付の対象となるのは、次の町税などのうち、納付書1枚の金額が30万円以下で納付書にバーコードが印刷されたものに限ります。

・町府民税(普通徴収分)、固定資産税、軽自動車税(種別割)
・国民健康保険料

 ※納期限が過ぎたものや金額が訂正されたものは利用できません。


〇コンビニエンスストア

MMK(マルチメディアキオスク端末)設置店、くらしハウス、コミュニティ・ストア、スリーエイト、生活彩家、セイコーマート、セブン‐イレブン、タイエー、デイリーヤマザキ、ニューヤマザキデイリーストア、ハセガワストア、ハマナスクラブ、ファミリーマート、ポプラ、ミニストップ、ヤマザキスペシャルパートナーショップ、ヤマザキデイリーストアー、ローソン、ローソンストア100(五十音順)【店舗により営業時間は異なります】


〇スマートフォンアプリ(金融機関やコンビニエンスストアへ出向く必要はありません

支払秘書、PayB、PayPay請求書払い、LINE Pay請求書支払い


 ※スマートフォンアプリで納付する場合は、スマートフォンやタブレット端末にアプリをダウンロードし、納付書に印刷
   されているバーコードをスマートフォンやタブレット端末のカメラで読み取り、画面の案内に従って納付手続きをし
   てください。役場会計課窓口、金融機関、コンビニエンスストアではアプリを使った納付はできません。

 ※スマートフォンアプリで納付した場合、領収書は発行されません(アプリ内で納付履歴の確認は可能です)。領収
   書が必要な場合は、本町指定の納付場所(金融機関・コンビニエンスストア)または役場内指定金融機関の窓口
   で納付してください。

 ※軽自動車税(種別割)について、納税通知書(納付書)に付いている継続検査(車検)用の納税証明書(督促状や
   再発行した納付書は除く)が必要な場合は、本町指定の納付場所(金融機関・コンビニエンスストア)または役場
   内指定金融機関の窓口で納付してください。
    スマートフォンアプリで納付した場合、継続検査(車検)用の納税証明書(無料)は収納対策課の窓口での交付
   (または郵送請求)
となります。
   その際、スマートフォンアプリの納付履歴を確認させていただく場合があります。

 ※口座振替をご利用いただいている方がスマートフォンアプリでの納付を希望する場合は、口座振替廃止の手続き
   と納付書が必要になりますので、収納対策課までご連絡ください。
   また、スマートフォンアプリでの納付は、納期限毎に手続きが必要です。

 ※コンビニエンスストア・スマートフォンアプリでバーコードが読み取れない場合は、申し訳ありませんが本町指定の
   納付場所(金融機関)で納付してください。

 ※くわしい操作方法などについては、下記リンク先をご覧ください。

   「支払秘書」    ⇒ https://wellnet.jp   

   「PayB」     ⇒ https://payb.jp/

   「PayPay」    ⇒ https://paypay.ne.jp/

   「LINE Pay」  ⇒ https://line.me/ja/pay

 

 

便利で確実な口座振替をご利用ください

 納付書での納付のほかに口座振替でも納付ができます。
 口座振替の場合、納期限ごとに金融機関などへ出向かなくても、納期月の25日(休日の場合は翌営業日)に届出の口座から自動的に振替となりますので納め忘れもなくなります。ぜひご利用ください。
 

口座振替できる町税

 町府民税(普通徴収分)
 固定資産税
 軽自動車税(種別割)

延滞金

 税金を納期限後に納付した場合、法にもとづき、その納期限の翌日から実際に納付された日までの期間に応じて延滞金を計算し、本来納めていただく税金のほか、延滞金をあわせて納めることになります。
 
 延滞金は、本税に対し、納期限の翌日から1か月を経過する日までは年7.3%〔特例措置により令和2年中は年2.6%〕、その後は年14.6%〔特例措置により令和2年中は年8.9%〕の割合で計算します。

延滞金計算例

~令和2年度固定資産税第1期分を令和2年9月24日に納付した場合~
   
納期限  令和2年6月1日
未納税額 263,800円
納付日  令和2年9月24日 
 
(1)納期限の翌日から1月を経過するまでの期間(6月2日~7月1日  30日)

263,000円×0.026×(30日/365日)=562円
(対象税額の1,000円未満端数切捨て)
 
(2)1月を経過した日から納付日までの期間(7月2日~9月24日  85日)
 
263,000円×0.089×(85日/365日)=5,450円
(対象税額の1,000円未満端数切捨て)

 
(3)合計金額が延滞金額

562円+5,450円=6,012円  →  6,000円
(100円未満端数切捨てにより 6,000円となります。)

関連リンク

お問い合わせ先

収納対策課(収納グループ)

電話:072-452-1007
ファックス:072-452-7103
〒590-0495
大阪府泉南郡熊取町野田1丁目1番1号(役場北館1階)
shuunou@town.kumatori.lg.jp

文字サイズ変更
文字サイズを小にする
文字サイズを中にする
文字サイズを大にする
背景色変更
背景色を標準にする
背景色を黒にする
ジャンプ君イラスト