ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

住宅の耐震改修に伴う固定資産税の減額について

令和4年3月31日までに一定の耐震基準で改修された住宅について、120平方メートル分までを限度として当該住宅に係る翌年度分の固定資産税が2分の1減額されます。

※平成29年4月1日以降に耐震改修工事を行ったことにより認定長期優良住宅に該当することとなった場合は、固定資産税が3分の2減額されます。

<減額対象となるのは、次の要件をすべて満たす住宅です>

1.昭和57年1月1日以前に建てられた住宅であること。

2.建築基準法にもとづく現行の耐震基準(昭和56年6月1日施行)に適合する改修工事を施していること。

3.当該耐震改修工事にかかった費用が50万円を超えるものであること。


 ※減額措置を受けようとされる方は、耐震改修が行われたことを工事が完了した日から3ヶ月以内に申告してください。

申告に必要な書類

1.耐震基準適合住宅に対する固定資産税の減額申告書

2.熊取町長、登録された建築事務所に属する建築士、指定確認検査機関、登録住宅性能評価機関、住宅瑕疵担保責任保険法人等が発行する証明書類

3.耐震改修工事に要した費用を証する書類(工事内訳書及び領収書)

※長期優良住宅の認定を受けて改修された場合は上記の1~3と合わせて次の4の書類が必要です
4.長期優良住宅であることを証する書類(認定通知書の写し)

注意事項

バリアフリー改修及び省エネ改修の軽減措置と同時に適用を受けることはできません。

個人番号を記入していただいた際、身元確認及び番号確認をさせていただきますので、運転免許証、個人番号カード、通知カード等をご持参ください。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

お問い合わせ先

税務課(固定資産税グループ)

電話:072-452-1006
ファックス:072-452-7103
〒590-0495
大阪府泉南郡熊取町野田1丁目1番1号(役場北館1階)
zeimu@town.kumatori.lg.jp

ジャンプ君イラスト