ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

排水設備工事

 下水道は、町が道路などに設置し管理する部分を「公共下水道」といい、皆さんが個人で敷地内に設置し管理していただく部分を「排水設備」といいます。

 たとえ公共下水道が整備されても、各家庭から出される汚水が公共下水道に流入しなければ、いつまでたっても川や海はきれいになりません。

 そのため、公共下水道が整備された後すみやかに、汚水を公共下水道につなげるために「排水設備」の改造をしていただく必要があります。

汲み取り便所は、水洗便所に(3年以内に)

 公共下水道が整備されますと、その区域内の建物の所有者は、3年以内に汲み取り便所を水洗便所に改造していただかなければなりません。

浄化槽は直接公共下水道に(遅滞なく)

 浄化槽(合併・単独とも)は必要なくなりますので、廃止して、直接公共下水道に放流してください。

台所・風呂場・洗濯機等からの汚水も公共下水道に(遅滞なく)

 道路側溝や水路などに汚水(雑排水)を放流している場合も、全ての汚水を汚水管に流すように排水設備を改造しなければなりません。

排水設備は分流式で

 分流式とは、便所・風呂場・台所等の汚水と雨水を宅地内で分離し、汚水は公共汚水ますに、雨水は道路雨水ます、または道路側溝等に流す方式です。

 公共下水道は分流式で設置されていますので、排水設備も分流式で設置しなければなりません。

工事は町の指定工事店で

 排水設備の新設・改造工事については、町指定の排水設備指定工事店でお願いします。

 排水設備指定工事店については、熊取町排水設備指定工事店一覧表をご覧ください。

町の検査

 排水設備工事が完了すると、町職員が検査をします。検査に合格すると検査済証を玄関など、見やすい位置にはります。

 不合格の場合は、指定工事店に手直しを命じます。

※ 工事期間中・検査の時は、なるべく立ち会ってください。

排水設備の管理に注意

 排水管や汚水ますなどの排水設備は、使用上の注意をおこたると、故障したり、設備の寿命を縮めたりします。

 日ごろから、次のことに気をつけてください。

  • 生ゴミ、油や薬品等は下水道に流さないでください。
  • 便所にはトイレットペーパー以外のもの(特にティッシュペーパー、紙おむつ等)は流さないでください。
  • 便所や風呂場の排水口、汚水ますにはゴミがたまりやすいので、時々清掃しましょう。

 排水設備は適切な維持管理が必要です。しかしながら、「町役場のほうから来ました。」などと言って、排水設備を点検・清掃し、料金を請求する訪問販売が見受けられます。

 排水設備は、個人で管理していただくもので、定期的な点検が必要ですが、役場が掃除することも、業者に委託することもありません。「無料で点検します。」と言われても安易に依頼しないで、十分内容を確認するか、下水道課までご連絡ください。

お問い合わせ先

下水道課

電話:072-452-1011
ファックス:072-452-7103
〒590-0495
大阪府泉南郡熊取町野田1丁目1番1号(役場東館1階)
gesuidou@town.kumatori.lg.jp

ジャンプ君イラスト