ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

住宅用家屋証明申請書・住宅用家屋証明書・申立書

申請書ダウンロード
申請書のサイズ
A4サイズ
対象者
住むための家を取得された方
こんなときに使用します
住むために取得した家を保存登記・移転登記する場合
記載要領

1.{ }の中の該当するものを○印で囲んでください。
(イ)又は(ロ)のうち該当するものを○印で囲み、(イ)を囲んだ場合は、さらに(a)から(f)のうち該当するものを○印で囲み、(ロ)を囲んだ場合は、さらに(a)又は(b)のうち該当するものを○印で囲んでください。


2.申請者の住所と氏名を記入します。
窓口に証明書を取りにこられる方の住所と氏名を記入してください。


3.「建築年月日」を記入します。
1で(イ)(b)、(d)又は(f)に○印で囲んだ場合は記載しないでください。


4.「取得年月日」を記入します。
所有権移転の日を記載してください。
なお、1で(イ)(a)、(c)又は(e)を○印で囲んだ場合は記載しないでください。


5.「取得の原因」を記入します。
移転登記の場合に限り、(1)または(2)のうち該当するものを○印で囲んでください。


6.「所有者の居住」を記入します。
(1)または(2)のうち該当するものを○印で囲んでください。
※(2)を囲んだ場合は、別紙「申立書」を添付してください。


7.「構造」を記入します。
建築後20年超25年以内に取得された家屋について証明を申請する場合に記載し、当該登記簿に記載された構造を記載してください。


8.「区分建物の耐火構造」について記入してください。
区分建物について証明を申請する場合に、(1)または(2)のうち該当するものを○印で囲んでください。
なお、建築後使用されたことのある区分建物の場合、当該登記簿に記載された構造が、石造、れんが造、コンクリートブロック造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造、又は鉄骨鉄筋コンクリート造であるときは、(1)を○印で囲んでください。


9.「新耐震基準適合証明書」の有無について記載してください。
「新耐震基準適合証明書」とは、建築士又は指定住宅性能評価機関の発行する新耐震基準を満たすことの証明書です。
新耐震基準適合証明書がある場合は、建築年を問わず42条第1項の申請ができます。
 

手数料
1件につき1,300円
手続きに必要なもの

●住宅用家屋証明申請書・証明書(あらかじめ記入しておいてください)

 

添付書類一覧 (PDF:99.1KB)

その他

●郵送での受付を行っています。


郵送による申請をする場合は、次の1~3を同封し、下記問い合わせ先まで郵送してください。

  1. 住宅用家屋証明申請書・証明書及び添付書類
  2. 手数料は定額小為替(郵便局で購入)
    ※おつりのないようにお願いします。
  3. 返信用封筒に返信先の住所・氏名を記入し、必ず返信用切手を貼ってください。
     
お問い合わせ 税務課(固定資産税グループ)

電話:072-452-1006
ファックス:072-452-7103
〒590-0495
大阪府泉南郡熊取町野田1丁目1番1号(役場北館1階)
zeimu@town.kumatori.lg.jp

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ジャンプ君イラスト