ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

町指定文化財

 

東円寺(とうえんじ)(あと)(しゅつど)(のき)丸瓦(まるかわら)(およ)(のき)(ひら)(がわら)(一括)  【有形文化財 考古資料】

管理者 熊取町教育委員会   指定年月日 平成8年3月13日

 

東円寺跡跡出土軒丸瓦及び軒平瓦の写真

 熊取町役場の南側の「トヨジ」「大門」などの小字名が残る水田では、古くから瓦が出土しており、寺院が存在していたことが知られています。 出土した蓮華文軒丸瓦と唐草文軒平瓦の文様は平安時代末期頃のこの寺院固有のもので、大変貴重です。

(くま)(とり)()(おど)(あめ)(やま)(おど)用具(ようぐ)(締太鼓 3口) 【有形民俗文化財】

管理者 熊取町教育委員会   指定年月日 平成8年3月13日(平成20年4月7日1口追加)   附 神踊目録(1冊)、野田村神踊記(2冊)、神踊音頭歌本(1冊)、御神踊(1冊)、乾板写真(2枚)

神踊り用具(締め太鼓)の写真

 熊取の神踊りは、和泉地域に広く分布した「太鼓踊り」の一種で雨乞いの踊りです。
 
その一つに「雨山踊り」があり、現在締太鼓(明治6年)と、歌本(江戸末期のものを含む)が残っており、熊取独自の貴重な民俗文化財です。

伊勢(いせ)型紙(かたがみ)(268点) 【有形民俗文化財】

管理者 熊取町教育委員会   指定年月日 平成8年3月13日

伊勢型紙の写真

 三重県鈴鹿市白子・寺家の型紙師によって生産された染色用の型紙で、江戸時代に全国にひろがっていきました。町指定の型紙は、大宮の個人から寄贈されたもので、本町に「紺屋」(染物屋)が存在していたことがわかる貴重な資料です。

雨山城跡(あめやまじょうあと) 【史跡】

所在地 熊取町野田   指定年月日 平成8年3月13日   附 雨山町石(4基)、雨山城碑(1基)、乾板写真(1枚)

 雨山城は、南北朝時代、泉佐野市の土丸城とともに、北朝方と南朝方が争奪戦をくりひろげた要城で、南朝方の橋本正高が居城としたことで知られています。
 
江戸時代、熊取の庄屋をつとめた中盛彬が著した『先代考拠略』には、月見亭、千畳敷といった記述がみられ、本町に残る数少ない中世の山城です

雨 山(あめやま) 【名勝】

所在地 熊取町野田   指定年月日 平成8年3月13日   附 乾板写真(1枚)

雨山の写真(昭和9年撮影)

 標高312メートル、山頂には雨山神社が鎮座し、古くから雨乞いの山として信仰を集める熊取の象徴的な山です。旱魃時には村人が雨乞いのために登りました。現在でも9月1日、雨山の麓の成合地区が「八朔」という行事を行っています。

橋本宗(はしもとそう)(きち)電気(でんき)実験(じっけん)()  【史跡】

所在地 熊取町五門   指定年月日 平成8年3月13日   附 乾板写真(1枚)

電気実験に使われた松の写真(昭和8年撮影)

 江戸時代中頃、蘭学者橋本宗吉と中家当主が中家住宅邸内の松を使って電気誘導の実験を行いました。この実験は、宗吉の著書『阿蘭陀始制エレキテル究理原』に「泉州熊取谷にて天の火をとりたる図説」として紹介され、わが国の電気学の発展に大きく寄与しました。

降井家(ふるいけ)のくろがねもち(1本) 【天然記念物】

所在地 熊取町大久保   指定年月日 平成8年3月13日

 中盛彬が著した『先代考拠略』に延享2年(1745年)、「もちの木」が存在していたことが記されています。年代がわかる個人所有の樹木としては貴重なものです。

【注意】
 降井家のくろがねもちにつきましては、個人宅敷地内に所在するため、普段は非公開となっています。
 なお、見学につきましては、毎年11月初旬の土曜日、日曜日の午前中のみ、特別公開する予定となっています。詳細につきましては、別途ご案内いたします。

石造地蔵菩薩立像(せきぞうじぞうぼさつりゅうぞう)(1) 【有形文化財 彫刻】

所在地 熊取町五月が丘   指定年月日 平成9年3月5日   附 乾板写真(2枚)

石造地蔵菩薩立像の写真(昭和8年撮影)

 建武4年(1337)につくられた本町で一番古い和泉砂岩製の石仏です。堺市善龍寺にある建武2年(1335)の地蔵菩薩立像(府規則指定重要美術品)と像容が酷似し、同一工人の作と考えられています。

(おお)()()()(せき)(しゅつ)()()()(一括) 【有形文化財 考古資料】

管理者 熊取町教育委員会   指定年月日 平成11年2月3日

大久保E遺跡出土土器の写真

 大久保E遺跡は、熊取駅前土地区画整理事業に伴って発見され、発掘調査では古墳時代初頭頃と考えられる数千点の土器片が出土しました。人々が集団で生活したことを示す本町最古の資料で、貴重であり残存状態の良い土器を中心に161点を指定しました。

旧中林(きゅうなかばやし)綿布(めんぷ)工場(こうじょう) ()(かん)(しつ)・受電室・事務所棟(3棟) 【有形文化財 建造物】

所在地 熊取町紺屋、五門   指定年月日 平成15年3月3日   附 ランカシャーボイラー(1基)、広幅綿織機(1機)、乾板写真(3枚)

操業当時の工場内部の写真(昭和初期撮影)

  昭和3年(1928年)に建てられた煉瓦造の綿布工場(現在の煉瓦館)です。最新鋭の織機を導入するなど泉州の機業界を牽引してきた工場といえ、昔の名残を残す汽かん室・受電室・事務所棟が町文化財です。平成19年には、経済産業省の「近代化産業遺産」にも認定されました。

小谷(おだに)文政(ぶんせい)おかげ(どう)(ろう)(1基) 【有形民俗文化財】

所在地 熊取町小谷   指定年月日 平成19年2月28日

おかげ灯籠の写真

 大阪府下で一番南に位置する文政13(1830年)のおかげ灯籠で、泉州地域の伊勢信仰を知るうえで貴重な文化財です。江戸時代の伊勢神宮への民衆の集団参拝を「おかげ参り」といい、それを記念して建てられました。

 

お問い合わせ先

生涯学習推進課(文化振興担当)

電話:072-453-0391
ファックス:072-453-0878
〒590-0415
大阪府泉南郡熊取町五門西1丁目10番1号(煉瓦館内)
shougaigakushuu-suishin@town.kumatori.lg.jp

ジャンプ君イラスト