子どもへのサービス

図書館では、子どもたちに様々なサービスを行っています。

乳幼児期(0~2歳)の子どもにとって、絵本は楽しい世界を共有しながら親子のコミュニケーションを深めるものです。赤ちゃんは、わらべうたやあたたかい語りかけを繰り返し聞くことで、大人を信頼し、言葉を獲得していきます。

3~5歳の幼児期は、言葉に対する関心が高まり、本に最も興味を持つ時期です。日常的に本を読んでもらうことで、子どもは物語の世界に入り込み、想像する楽しさを知ります。

図書館では、子どもの発達に合わせて本に親しむ機会をつくり、関係部局や住民と連携して子育て支援を行っています。

こぐまタイム