不妊・不育治療費助成事業

 不妊症及び不育症の検査・治療をうけているご夫婦の経済的負担を軽減するため、検査・治療費用の一部を助成する事業です。令和4年4月1日以降に開始した一般不妊治療(人工授精等)、生殖補助医療(体外受精、顕微授精等)については、保険適用の治療の自己負担についても助成の対象となります。

 助成を受けるには、いくつかの要件や必要書類があります。

一般不妊治療、生殖補助医療(特定不妊治療)については、1.令和4年4月1日以降に治療を開始した場合と、2.令和4年3月31日までに治療を開始した場合で、申請に必要な書類が異なります。

1.令和4年4月1日以降に治療を開始した場合

詳細は、下記「(保険適用対応)熊取町不妊・不育治療費助成事業申請案内」をご覧ください。

 

2.令和4年3月31日までに治療を開始した場合

詳細は、下記「熊取町不妊・不育治療費助成事業申請案内」をご覧ください。

 

 

一般不妊治療・生殖補助医療(特定不妊治療)

1.令和4年4月1日以降に治療を開始した場合

令和4年4月1日以降に治療を開始した一般不妊治療費の助成申請書類については、下記の別添ファイルを印刷してご利用ください。

 

令和4年4月1日以降に治療を開始した生殖補助医療費の助成申請書類については、下記の別添ファイルを印刷してご利用ください。

2.令和4年3月31日までに治療を開始した場合

令和4年3月31日までに治療を開始した一般不妊治療費の助成申請書類については、下記の別添ファイルを印刷してご利用ください。

令和4年3月31日までに治療を開始した特定不妊治療費の助成申請書類については、下記の別添ファイルを印刷してご利用ください。

不育治療

不育治療費の助成申請書類については、下記の別添ファイルを印刷してご利用ください。

この記事に関するお問い合わせ先

すくすくステーション(子育て支援課母子保健グループ)

電話:072-452-6294
ファックス:072-453-7196
〒590-0451
大阪府泉南郡熊取町野田1丁目1番8号(熊取ふれあいセンター2階)

メールフォームでのお問い合わせ